仕事運に関連する手相10選:成功を手に入れるための手相とは?

仕事運に関連する手相10選:成功を手に入れるための手相とは?

SCOPE編集部
公開, 更新 , 手相占い

仕事運は金運ともつながるため、大事にしたい手相の一つ。

仕事をバリバリとこなし、充実した人生を送るため、今回は仕事運に関する手相10選をご紹介します。

仕事運に関連する手相1「運命線」

運命線は、手のひらの中央にあり、手首から中指に向かってまっすぐ伸びている線を指します。この線が、手のひらの下のほうから中指の付け根に向かって、長く濃く伸びている人は、人に頼ることなく自分の努力で道を切り開いて成功するでしょう。

この相がある女性の場合は、専業主婦に留まらずに、バリバリのキャリアウーマンとして活躍した方が、生きがいのある人生になります。

仕事運に関連する手相2「頭脳線」

頭脳線は、親指と人差し指の付け根の間から始まり、手のひらを小指方向に向けて伸びている線を指します。この線は、その人の個性や判断力、集中力など頭脳に関することを読みとることができますので、仕事運に関して特に重要なものであると言えます。

この線によって、自分の適性がわかりますので、自分に合った職業の選択に役立ちます。

また、長い線の人は思考力があり、短い線の人は直感力で勝負します。ちなみに、この線が上向きの人は現実的なので事業家タイプ、下向きの人は空想的なので芸術家タイプです。

仕事運に関連する手相3「向上線」

向上線は、生命線を起点として上向きに伸びる線のことです。長く上に向かって大きく伸びる場合は自分の目標や夢に向かって「何がなんでも頑張ってやる!」という強い決意で取り組みことができます。

反対に、短かかったり細かいのが多く出ている場合は、物事に対して移り気だったり飽きやすい面が見られます。

しかし、「他の可能性を見つけたい」という柔軟性のある考え方のときでもありますので、色々な経験を積み重ねていくうちに、自分の適職が見つけやすくなるでしょう。

仕事運に関連する手相4「感情線」

感情線は、小指の付け根下から伸び、人差し指の方向に伸びる線のことです。

感情線がはっきりと濃く現れている場合は、精神状態が強く、安定していますので新規プロジェクトへの参加や独立などによいでしょう。

逆に薄かったり弱々しい線の場合は内面的に繊細さがありますので、安定性のある職業に従事するのが無難でしょう。

感情線の先が分岐している相の人は、気配り上手でチャーミングなので周囲の人から慕われます。職場の人気者になれますが、八方美人と言われないようにご注意を。

仕事運に関連する手相5「太陽線」

太陽線は、薬指に向かう縦の線のことです。この線がある人は、成功運があります。人気商売の芸能人にはこの線を持つ人が多いです。営業職の方でこの線があると、顧客の心をつかむことができるでしょう。

珍しい線ですので、長短はあまり気にしなくてもよさそう。誰にでもある線ではないので、あればラッキーです。

仕事運に関連する手相6「引き立て線」

引き立て線は、手首の付け根の小指側から出て、運命線に向かう斜めの線のことです。この線が濃くある人は、目上の人から助けられる運を持っています。有力者からの支援をバックに出世や成功される方が多いでしょう。

反対に弱々しい線の人は、目上の人からのサポートを受けにくいことが見受けられます。なぜか反抗的な態度を取ってしまったりしがちですので、目上の人に一目置いて素直な態度で接することで運が開けていきます。

仕事運に関連する手相7「起業線」

起業線は、右手の小指のあたりから生命線に伸びている長い線のことを言います。この線を持つ人は表現能力が高く、アイデアが浮かぶとそれを実際に形にする能力に長けています。

特に、くっきりと長く運命線まで伸びている人は独立して事業を始めると大成功するでしょう。

仕事運に関連する手相8「財運線」

財運線は、小指の下に縦に刻まれた線を指します。長くくっきりと線が現れている場合は金運が強いので、お金を稼ぐ力がある人です。会社員より独立して経営者になる方がよいでしょう。

反対に、薄く短い人は財力がまだないということなので安定した職場で真面目に働くことが大切です。

仕事運に関連する手相9「覇王線」

覇王線は、別名「三奇紋」ともいう非常に珍しい線です。この線は、手のひらのほぼ真ん中あたりで、太陽線、財運線、運命線が交わって1本の線になっています。ちょうど熊手のような形です。

この線がある人は、パワフルで大胆な実行力を併せ持ちますので大成功すると言われています。

ただ運が強いというだけではなく、大変な努力家でもあります。女性でこの線を持つ場合は、バリバリのキャリアウーマンとして活躍することでしょう。

仕事運に関連する手相10「ますかけ線」

最後に、成功運に関する手相として有名な「ますかけ線」です。この線は、頭脳線と感情線が一体化し、まっすぐ手のひらを横切っています。

「天下取りの相」とも言われ、大変縁起の良い手相です。生まれながらにして人の上に立つことが宿命づけられています。

勝負運が強いのですが、浮き沈みが激しいのも特徴ですなので、平凡な人生では終わらないでしょう。

また、ますかけ線が片手にある人は100人中3人、両手になると1000人に1人の確率になります。両手にますかけ線がある人は、普通の生き方より自分独自の個性的な生き方のほうが良いようです。

逆に、普通の生き方をしようとすると、運勢が下がる恐れがあります。自分で事業を起こすと、持ち前の強運パワーで大成功も期待できるでしょう。

関連した記事

子どもができる時期がわかる手相は?子どもの人数や性別まで知られる!

子供が欲しいと思った時に、子供を授かることができる...

2019年07月25日, 手相占い

手首の手相の意味:手首線の位置ごとに紹介

手相は手のひらだけで見るものだと思っていませんか?...

2019年07月25日, 手相占い

手相が変わるときとその理由:良い手相に変える方法も紹介

手相占いの結果があまり良いものでないと、本当か疑っ...

2019年07月25日, 手相占い