おみくじにおける待ち人の意味とは?「待ち人来る」の解釈は?

SCOPE編集部
公開, 更新 , 開運・厄払い

江戸時代に、おみくじが庶民に広まりました。

「待ち人来る」とは、あなたが会いたいと思っている人があなたの前に現れる、もしくはその縁が訪れる日が来るという解釈です。

人々は「待ち人」という言葉に、様々な思いを願ってきたのでしょう。

恋愛だけではない「待ち人」の意味

待ち人のことを「好きな人」という意味で考える場合が多いですが、恋愛だけではなく「自分の運命を良い方向に導いてくれる人」のことを意味する場合もあります。

転職のきっかけを与えてくれるような人や、それまで興味のなかった趣味を教えてくれる新しい友だちなど。

結婚も人生における大きな転機に違いありませんから、結婚相手を表す場合もあるでしょう。

待ち人を赤ちゃんと捉えることもあります。

妊娠を望む夫婦にとって、何より待ち望んでいるのは赤ちゃんですよね。

おみくじを何度も引いてみる

しっかりと本殿に参拝した上で、おみくじを引いてみて下さい。

同じものが三度、四度と出る事はほとんどありません。

運命が完全に決まっているのであれば、何度引いても同じ内容のおみくじになるはず。

つまり、大切なのは自分の心の状態ということです。

おみくじの恋愛の項目

恋人との今後の運勢や、恋人が欲しい人の運勢など、この先起こるかもしれない出会いが記入されています。

「待ち人来たる」と書いてあったら、本当に会いたい人に会えるのでしょうか?

おみくじはあくまで占いですから、何とも言えません。

ただ一つ言えるのは、出会いはただ待っていれば訪れるというものではないということ。

おみくじはあくまでも一種の占いなので、参考にする程度にし、今後に役立てましょう。

関連した記事

前厄のお祓いはするべき?厄年との違いとは

厄年の知名度は高いですが、前厄は知らないという人も...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄年の結婚は良くないってホント?理由を男女別に解説!

わざわいが起きるとされる厄年ですが、厄年を聞いたこ...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄年のお祓いに行く時期・金額・服装などをチェック

さまざまな災難が訪れると言われる厄年。何年かに一度...

2019年08月23日, 開運・厄払い