手相にある目の形の見方:仏眼は右手にある方が良い!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 手相占い

手相にはさまざまな線があります。あなたは、目の形をしている手相があることを知っていますか?

今回は、目の形をした手相について紹介していきます。一般的にスピリチュアル的な能力と関連付けられて有名な手相ですが、実際はどのような意味を持つのでしょうか。

もしかするとあなたの手にも目があるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

目の形をした手相について

目のような独特な形をした手相のことを、仏眼といいます。特徴的な手相なので、手相に詳しくない人であっても簡単に見つけることができます。

珍しい手相なのかと一見思われますが、実はそんなに珍しくはないようです。意外にも、薄くそれっぽい線が入っているという人は少なくありません。

しかし、しっかりと濃くはっきりと線が入っている人は、なかなか珍しいそうです。

占い師はみんな持っている?

スピリチュアルな能力を持っている人に多く出る仏眼は、占い師が多く持っている手相なのだそうです。

実は、この仏眼はもともと持っていない人でも、後から開眼させることができます。スピリチュアル的なものに関わることで、開眼すると言われています。

そのため、占い師に多く出る手相と言われているのです。

目型の出る場所によって意味が異なる

仏眼の目は、親指の真ん中にある第一関節に出る手相です。そのため、すぐにあるかないか見ることができます。

一般的には親指の第一関節ですが、中には第二関節に仏眼が入っているという場合もあり、第一関節に入るよりも強い運となるようです。

仏眼は右手に入ることもあれば、左手に入ることもあって、中には左右両方に仏眼が入ることもあります。それぞれ入る場所によって意味が異なってきます。

どのように意味が異なっていくのか、紹介していきます。

左手に仏眼が出ている場合

まずは、左手の親指の第一関節に仏眼があった場合をみていきましょう。左手は、もともと持っていたものだとされています。つまり、生まれてきた時から自分が持ってきた手相ということです。

もともと持っていた左手の手相に仏眼が出ている場合、霊感を持っている人に多くなっています。ご先祖様などにずっと守られているような、不思議な体験を幼い頃からしてきた人が多いそうです。

生まれてきた時から守ってもらっているというと、良い手相だと思う人も多いでしょう。しかし、自分のことに対しての勘が当たらず、少し損をしてしまうような手相となっています。

右手に仏眼が出ている場合

左手は生まれ持ったもの、先天的なものでした。一方で、右手は生まれ持ったものではなく、その人の生き方などで変わっていくような、後天的なものとなっています。

自分の力で才能を開花させることができるといった、良い手相であることが多いようです。

仏眼は、左手よりも右手にある方が良く、人のちょっとした変化にもすぐに気付くことができるようになったり、自分の身に降りかかる災いを意識していないのに避けれたりします。

両手に仏眼が出ている場合

仏眼は、右手に出ることも左手に出ることも分かりました。どちらかというと右手に出る方が良いような気がしますが、どちらも良い手相であることには変わりありません。

両手に仏眼が出る人は、生まれ持って霊感が強い人が多く、さらにご先祖様からもしっかり守ってもらうことができるという最高の手相になっています。

関連した記事

頭脳線のタイプ別に性格を紹介!2本あるとアーティスト肌?

手相占いにおける「頭脳線」を知っていますか?知能線...

2019年07月25日, 手相占い

手相にしわが多い人の特徴:しわが少ない人との性格の違いは?

あなたの手相にはしわが多いですか?それとも少ないで...

2019年07月25日, 手相占い

手相が悪い場合の対処法:悪い線を消す方法も紹介!

手相を見てもらって、その結果が悪かったら多くの人が...

2019年07月25日, 手相占い