手相におけるソロモンの環の意味:二重線や右手に出る場合の見方も紹介!

手相におけるソロモンの環の意味:二重線や右手に出る場合の見方も紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 手相占い

手相にはさまざまなものがありますが、今回はなかなか見ることができない珍しい手相の一つである、ソロモンの環についてみていきます。

ソロモンの環とはどういった手相なのでしょうか。二重線の見方や意味などについても紹介するので、ぜひ自分の手相をチェックしてみてください。

ソロモンとは

ソロモンとは、紀元前10世紀に王位についた古代イスラエル王のソロモン王のことをいいます。ソロモン王の時がイスラエルの最長期だったそうです。

知恵者として名をはせたソロモン王に神様が知恵の指輪を授けました。指輪を授けられたソロモンは見えないものが見えるようになったり、動物たちの声が聞こえるようになったという興味深い話があります。

ソロモンの環の見方と意味

ソロモンの環は上の画像のように、人差し指に入っている輪っかのような線で、ソロモンの輪と言われることもあります。

ソロモンの環は右手にも左手にも表れる手相ですが、利き手に現れる方が良いそうです。また、左手は生まれつきの手相で右手は後天的と言われています。

ソロモンの環といってもさまざまで、線の入り方によって意味が異なってきます。どのような見方でどのような意味を持つのか見ていきましょう。

右手にソロモンの環がある

ソロモン環が右手に現れた場合は、直感や野心が後天的に表れたということを意味します。

人を引っ張っていくことができるカリスマ性をもっている人によく現れるのだそうです。また、成功を掴むことができる線ともいわれています。

左手にソロモンの環がある

一方、左手にソロモン環が出た場合は、知力そして指導力が生まれ持ってあるということになります。野心的な向上心を生まれた時から持っている人が多く、幼いうちから才能を開花させる人が多いようです。

両手にソロモンの環がある

ソロモンの環が両手に現れる場合もあります。両手にソロモン環がある人は、生まれながらに直感力や指導力を持つそうです。さらに自分の力で得た力がそこに加わります。

他の人が思いつかないようなアイディアを思いつくことができ、リーダーとして活躍することができるでしょう。

片手に出るだけでもラッキーな手相であるソロモン環が、両手に出るというケースはかなり珍しいです。

二重になっている場合

二重になってソロモン線が出ているというケースもあります。一重よりも二重に環が現れる方が幸運になることができると言われ、より一層成功することができるようになるのです。

二重になっている人は直感力がとくに優れているとされ、インスピレーションに溢れています。

木星丘の張りがある場合

ソロモンの環のある場所は人差し指の付け根で、この場所には木星丘があります。同じ場所にあるこの2つは密接な関係にあります。

木星丘は張っている人とそうでない人がいて、木星丘が張っている人は出世することができると言われ幸運の証の手相となります。

木星丘が張っている時にソロモンの環が入っていると、大きな成功を収めることができるといわれています。ソロモンの環が手相に出ていても木星丘が張っていないとなると、効果が薄くなる可能性があるようです。

関連した記事

子どもができる時期がわかる手相は?子どもの人数や性別まで知られる!

子供が欲しいと思った時に、子供を授かることができる...

2019年07月25日, 手相占い

赤ちゃんの手相の見方とますかけ線の意味:子どもの性格まで分かる?!

赤ちゃんや子どもでも手相を見ることができます。今回...

2019年07月25日, 手相占い

珍しい手相12選:ますかけ線やラッキーM線で幸運が訪れる?

手相には色々なものがありますが、その中でも幸運が訪...

2019年07月25日, 手相占い