小指の下にある手相の見方:財運線と結婚線を紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 手相占い

私たちの手のひらにはさまざまな線があり、それぞれに意味があります。その中でも、小指には金運を表す財運線、そして結婚運を表す結婚線があります。

金運があるかどうかは多くの人が気になることであり、独身の人は結婚線が気になるでしょう。今回はこの財運線と結婚線について紹介するので、ぜひ自分の手相を見ながらチェックしてください。

小指の下の縦線:財運線

小指の下にある線の中で財運線は有名なものです。小指の下にあるふくらみのことを水星丘といい、ここに現れる線は金運に影響すると言われています。財運線は、小指のつけ根に向かう縦線のことです。

財運線といっても様々なものがあり、その線の入り方によって意味が異なります。ちなみに財運線は、長ければ長いほど良く、濃ければ濃いほど良いようです。

財運線の本数

財運線は、1本だけ出る場合と複数出る場合があります。太くまっすぐ1本線で出る財運線が良く、この場合に金運があると言われるようです。

複数の財運線が出ている場合、これは複数のところからお金を得ることができるという意味を持ちます。本職の収入はもちろん、副業などでもしっかり稼ぐことができるようです。

しかし、これは線が太い場合に限ります。薄い財運線が複数入っている場合、散財するという意味になります。お金がたくさんあっても、あるだけ使ってしまうことを意味するあまり良くない手相と言えるでしょう。

財運線がない人

財運線は珍しい手相ではありませんが、すべての人に入っている線ではありません。財運線がないために、自分はお金に恵まれないのかと不安になった人もいるでしょう。しかし、財運線がないからといって、お金がないというわけではないようです。

実は、財運線がない人はお金に対して執着がないので、線がくっきり出ていないだけなのです。お金に執着しなくても大丈夫なくらい、恵まれている状況ということにもなります。

また、お金がなくても今の生活に満足している人にはこの財運線はないようです。若い人など、現在働かなくても生活ができる人には、財運線はあまり見られないようです。

しかし、手相は変化していくものです。そのため、若いうちに財運線がないからといって落ち込む必要はありません。若いうちは存在しないことが多い財運線は、40代50代と歳を重ねるにつれて出てくることがあります。

小指の下の横線:結婚線

結婚線は小指の下にある横に入った線です。50?ほど離れてみた時でも、くっきり線を見ることができれば結婚線です。離れてよく見えなければ、それはしわである可能性があります。

結婚線は伸び方によって意味が変わる

結婚線は斜め上に上がっていたり、斜め下に下がったりします。上に上がっている場合はとってもいい結婚運があるということになります。理想的な相手と出会うことができるという兆しです。

一方、下に下がっている場合は結婚に消極的であることを表します。結婚以外に夢中になっているものがあるのかもしれません。もし結婚線が下がっている場合は、今は結婚する時ではないという現れかもしれないので、焦らない方がいいでしょう。

二重結婚線(再婚線)とは

二重に入っている場合は二重結婚線といい、簡単にいうと結婚を2回するということになります。あまり良い線ではありませんが、1度目の結婚で別れてしまっても、また良い出会いがあるということの現れにもなるでしょう。

また2本線があっても、両方とも下に下がっている場合があります。この場合は要注意です。2回目も失敗してしまうということの現れですので、再婚はひとまず諦めて慎重になった方がいいと言えるでしょう。

関連した記事

頭脳線(知能線)とは?枝分かれの意味など詳しく解説!

手相には基本線と呼ばれる線があり、頭脳線(知能線)...

2019年07月25日, 手相占い

手相が悪い場合の対処法:悪い線を消す方法も紹介!

手相を見てもらって、その結果が悪かったら多くの人が...

2019年07月25日, 手相占い

手相におけるフィッシュとは:島との違いや感情線にある意味など詳しく解説!

手相を見ていると色々なものがありますのでついつい夢...

2019年07月25日, 手相占い