手相と利き手の関係:左手と右手では意味が変わる!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 手相占い

手相を見てもらうことで、あなたの今の現状や未来を見てもらうことができます。手相を見てもらう時、あなたはどちらの手を出しますか。

きっと多くの方が、自然と利き手を出すでしょう。今回は手相を見る時に、どちらの手を見てもらうのがいいのか紹介します。

また、手相と利き手の関係についても紹介するので、ぜひ手相占いをしてもらう前に参考にしてください。

見てもらうのは利き手が良い?

手相で見てもらうのはどちらの手がいいのか、これは流派によって異なるのだそうです。

利き手を見るという人もいれば、利き手の逆を見るという人、また手を組んで親指が下になった方の手を見るという人もいます。

両手を見るのが一番いいのですが、多くの占い師は左手を中心に見ていくのだそうです。では、それぞれの手にはどのような意味があるのかみていきましょう。

左手の手相は先天性

左手の手相は先天的なもので、生まれ持ったものを表します。

そのため左手の手相を見ることで、過去や生まれ持った才能、本来の性格、そして潜在意識が分かると言われています。潜在意識とは私たちが意識していない部分のことです。

人生を大きく左右するといわれる潜在意識は、左手で見ることができるため、多くの占い師が左手の手相を見ていると言われています。

右手の手相は後天性

多くの人の利き手である右手は、後天的なものです。後天的とは、先天的のようにもともと持っているものではなく、後から身についてくるものを言います。

そのため、右手の手相を見ることで、現在や未来、努力で得ることができた才能、そして顕在意識が分かるそうです。潜在意識は私たちが意識していないもの、逆に顕在意識は私たちが意識しているものです。

宝くじを買う場合の金運や、これからの出会いなどの恋愛運を見るには右手がおすすめです。

手相を利き手で見る場合

左手が先天的で潜在意識を見ることができる、そして右手が後天的で顕在意識を見ることができると紹介しました。

一方で、右手左手に関係なく利き手で手相を見る場合、左手が利き手であれば左手が後天的で顕在意識を見ることができ、そして右手が先天的で潜在意識と見ることができるようになります。

そのため、左利きの方は右手を見るようになるのです。しかし、左利きの人は全体の約1割で、9割もの人が右利きです。そのため、手相を見てもらう前に左利きだということを伝えておくようにしましょう。

手相を両手で見る場合

両手で手相を見る場合、両方の手を見比べてみて下さい。生命線、感情線、知能線、運命線という主軸となる4つの手相があります。

4つの線が両手で同じように流れている場合、その手相が持つ意味はより濃く強くなります。両手の手相の流れが一緒の人には真面目で素直、ウソをつくことができない、人付き合いが不器用といった特徴の人が多いようです。

一方、生命線、感情線、知能線、運命線と4つの手相の流れが両手で違う場合、どちらの面も持っているという意味になります。また、特徴としては好奇心が強く協調性があるので、様々な仕事で活躍することができる人が多いようです。

このように、両方の手相を見ることによって、初めて分かることもあります。そのため、どちらか一方の手相を見るのではなく、両方の手相を見てもらうのが最も良いでしょう。

関連した記事

手相の生命線の基本的な見方:短く薄い場合や枝分かれの意味は?

生命線はその人の生命の強さや寿命の長さを司り、手相...

2019年08月12日, 手相占い

手相のバツ・クロスの意味:さまざまなトラブルに注意!

今回は、手相におけるバツ・クロスの意味を紹介します...

2019年07月25日, 手相占い

手相におけるスターの意味って?位置別にその意味を紹介

手相占いの世界では、何本かの線が交わりアスタリスク...

2019年07月25日, 手相占い