厄年のお祓いに行く時期・金額・服装などをチェック

SCOPE編集部
公開, 更新 , 開運・厄払い

さまざまな災難が訪れると言われる厄年。何年かに一度、大病や事故、結婚の破談など、心が折れる出来事が起こるとされています。

昔ながらの日本人は厄年になれば神社などでお祓いをすると言います。最近ではお祓いをする人は減ってきているかもしれませんが、あまりにもツイてない、不幸が立て続けに起こる場合はお祓いを受けたほうがいいかもしれません。

そこでこの記事では、厄年のお祓いですること・行くべき時期・注意点などについて詳しく説明していきます。

厄年とは

厄年とは、災難や困難に見舞われやすい年のことを指します。。厄年は主に以下の年齢を指します。

男性

  • 前厄:24歳ねずみ、41歳ひつじ、60歳ねずみ
  • 本厄:25歳いのしし、42歳うま、61歳いのしし
  • 後厄:26歳いぬ、43歳へび、62歳いぬ

女性

  • 前厄:18歳うま、32歳たつ、36歳ねずみ
  • 本厄:19歳へび、33歳うさぎ、37歳いのしし
  • 後厄:20歳たつ、34歳とら、38歳いぬ

特に男性の42歳、女性の33歳が大厄と言われており、最も不幸が訪れる可能性が高いです。

厄をお祓いする場所は神社やお寺

厄払いは神社、厄除けはお寺で受けることができます。中身や効き目に違いはアリませんが、神社では祈祷儀式、寺では護摩祈祷と祈祷の方法が異なります。

自分の実家が神道なのか仏教なのかで選んでもいいでしょう。

有名なところに行く必要はありませんが、場所によっては厄払いを行っていないところもあるので、公式のホームページなどで確認しましょう。

厄年のお祓いに行く時期は節分より前?

厄年のお祓いは、基本的にはいつ行っても問題ありません。しかし、初詣の時にお祓いをしてもらう人が多い傾向にあります。

これには理由があり、「厄年のお祓いは、節分の日より前に行った方が良い」という言い伝えがある地域が多いからです。厄年が終わる12月に行っても意味がない、と考えている人は多いです。

もう一つの理由としては、「神社に行くことが面倒くさいから」というものが挙げられます。そのため、初詣の時に厄払いを済ませてしまう人が多いです。

厄払いの金額

厄除けや厄払いには費用がかかりますが、神社や寺によって値段が異なります。

だいたい相場としては5千円程度でしょう。ただし方位除災など、特別な厄除けをしたい場合は1万円程度かかる場合もあるので、事前に確認しておくことが大切。

お金を渡すときは、なるべくのし袋に入れるのがマナーですが、そのまま渡しても特に問題ありません。

お祓いに行くときの服装

神社やお寺で厄年のお祓いをしてもらう際には、服装に注意してください。神社やお寺は、フォーマルな場所ですから、服装もフォーマルなものにしましょう。

敷居がそれほど高くない場所ならば、ラフな格好でも問題ありません。しかし、神や仏の前ですから最低限のマナーは心得ておきましょう。男性ならスーツやジャケット、女性も派手な格好は避けましょう。

お子さんと一緒に行く場合は、うるさくならないように注意が必要です。子供なので難しい場合もありますが、混んでいる時期はかなり人がいるので注意しましょう。

厄払いの内容

厄払いは、まず神社やお寺の本堂・本殿に行きます。そこで神主が、神に祈りを捧げます。この時、神主以外は座っていることが少なくありません。場所にもよりますが最後にお酒を飲み、お祓いは終わりです。

女性の場合は、厄年が数え年で19歳なので、お酒は飲まなかったり口を付けたりするだけの場合があります。

関連した記事

仏滅に厄払いに行くのはあり?不安で迷っている人は要チェック!

厄年というものがあります。前厄、本厄、後厄など聞い...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄払いのお札の使い方は?方角や処分方法をご紹介!

厄年には、厄払いと呼ばれるお祓いを神社で受ける人が...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄年に引っ越しは大丈夫?不安になったら厄除けを!

多くの人が成人後に、一人暮らしや同棲・結婚のため、...

2019年08月09日, 開運・厄払い