厄払いにかかるお金、知っておきたいのし袋の使い方をご紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 開運・厄払い

多くの人が気にしているのが厄年です。厄払いを受けに神社やお寺へ行く人も多いでしょう。

厄払いについて多くの人が気になっていることが、厄払いにかかる金額です。また「現金を包んだ方が良い」「新札(新券)が良い」とも言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

この記事では、厄払いにはいくらかかるのか、のし袋はどう使うのか、について詳しくご紹介します。

厄払いとは

前厄、本厄、後厄があり、全ての年で厄払いをしなければいけないということはありません。

1回もしないという人もいれば、毎年欠かさずするという人もいます。心配な人、気にしてしまう人は厄払いをしましょう。

神社で行うものを厄払いと呼び、お寺で行うものを厄除けと呼びます。厄落としは、自分でも行えます。

厄払いに行く際の注意点

厄払いにいく際は、行こうとしている神社、お寺の公式ホームページを確認した方が良いでしょう。

当日申し込みで大丈夫な神社もありますが、事前の申し込みが必要な場合や予約をしていないと混んで厄払いできない場合もあります。

また服装も普段の服で大丈夫な場合がほとんどですが、 ジーンズが不可の場所もあるようなので神聖な場に行くという気持ちで最低限の配慮をしましょう。

厄払いの相場は5,000円

厄年には厄払いを行うことが一般的です。厄払いは主に神社で行われます。多くの神社では、「初穂料」と称して参拝者(厄払いを受ける人)からお金を貰っています。

お寺で行われる厄払いの場合は、初穂料ではなく「御布施」です。気になるのは値段ですが、相場は5,000円くらいです。神社やお寺によって差がかなりあり、3,000円でお守りまで貰える所もあれば、10,000円を超えてしまうところもあります。

大きい神社では、初穂料が設定されている場合が多いです。小さい規模の場所だと「お気持ちお願いします」と言われる場合もあるのですがその際も相場の5,000円程度を包んでおけば問題ないでしょう。

厄払いにかかる金額は、インターネット上で確認できる神社が多いです。厄払いに行く際は、事前に公式のホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

お金に関する注意点

クレジットカードでは支払うことが出来ませんので、現金を用意しましょう。厄払いにかかる料金(初穂料・御布施)は、新札が良いとされています。しかし、敷居の高い神社やお寺でなければ、気にする必要はありません。

初穂料・御布施を払う方法に関してですが、お財布から出して払っている人も多いですが、のし袋を使う払い方もあります。必ず使わなくてはいけない、というわけではないので、お財布から払っても問題はありません。

しかし、敷居の高い神宮や大社で厄払いを受ける際には、のし袋を使った方が良いでしょう。

のし袋の使い方

のし袋について詳しくご紹介します。

またのし袋にお金を入れずに直接渡しても問題ない神社は多いですが、格好が悪いと思う人はのし袋に入れたほうがよいでしょう。

のし袋はダイソーでも手に入る

のし袋はスーパーなどで購入できる他、ダイソーなどでも安く手に入ります。インターネット上でも様々なメーカーが販売しているので、買いに行くことが難しい場合はネットショッピングを利用しましょう。

水引は紅白のもので、結び方はちょうちょ結びのものを選びましょう。実際には結ばれておらず、水引がイラストで描かれている、もしくは印刷されている袋も販売されています。こちらを使用しても問題はありません。

のし袋の表面・裏面の書き方

のし袋に名前などを記入しなくても、受け取ってもらうことが出来る神社が多いですが、マナーなどが気になる人は記入しましょう。

まず表面に縦書きで、御初穂料と記入します。お寺の場合は、御布施となります。書く位置は水引より上です。水引より下の位置に、自分の名前を書いてください。

裏面には金額を小さく記入します。この場合は横書きです。下の方に記入しましょう。中袋がある際は、中袋の表面に記入してください。この場合は漢数字で縦書きです。

裏面左下に住所と氏名を書く方法もありますが、プライバシー保護のために書かない方が良いでしょう。

忙しくて厄払いに行けない方へ

忙しくて神社に足を運べないという人は、電話占いココナラで厄払いをしてみてはいかがでしょうか。

1分100円から厄払いを受けられ、さらに祈願祈祷などもお願いすることができます!

厄年ということを事前に伝えておくと厄払いをしてくれ、さらに厄落としや開運のアドバイス、祈願祈祷を電話で行なってもらえます。

ページの左下にカテゴリーが表示されるので、そこから開運、厄払いをクリックすると占い師一覧を見ることができます。

自分に合う占い師を見つけて、厄年も幸せに過ごしましょう!ぜひチェックしてみてください。

電話占いココナラに相談

関連した記事

前厄のお祓いはするべき?厄年との違いとは

厄年の知名度は高いですが、前厄は知らないという人も...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄払いのお札の使い方は?方角や処分方法をご紹介!

厄年には、厄払いと呼ばれるお祓いを神社で受ける人が...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄払いはいつまでに済ませるべき?厄除けとの違いを詳しく解説

厄年は、誰もが避けたい年です。厄年への対策法として...

2019年08月09日, 開運・厄払い