厄払いは大安に行くのがおすすめ!六曜の中の大安について紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 開運・厄払い

今年が厄年(前厄、本厄、後厄)であるという人の中には、いつ厄払いに行こうか悩んでいるという人も少なくないのではないでしょうか。六曜というものがあり、大安や仏滅など聞いたことがあるという人は多いはずです。

今回は大安について紹介していきます。大安は結婚式を行うのに良い日であることは有名ですが、厄払いを大安に行うことは良いのでしょうか?それとも大安に厄払いを行うことは避けた方がいいのでしょうか?

大安について

六曜の1つである大安について、大安がどのような日であるのかということをまずは紹介していきます。大安は漢字を見てからもわかる通り、大いに安いという意味を持ちます。大安は、六曜の中で最も吉な日であり、なにをするにもうまく行く日でああると認識が一般的です。

昔から日本では結婚式や七五三、お宮参りといった嬉しい行事の時は大安の日に行われてきました。引っ越しや開店といった日にも大安の日に行うことがよしとされており、大安の日に行うことでさいさきが良くなるといわれています。

大安はいつ?

六曜は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口と6つあります。それぞれ先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口という順番で回っていきます。

2018年の大安はいつ?

2018年の大安がいつであるのかについてチェックしていきます。

1月5日(金)、1月11日(木)、1月22日(月)、1月28日(日)

2月3日(土)、2月9日(金)、2月15日(木)、2月20日(火)、2月26日(月)

3月4日(日)、3月10日(土)、3月16日(金)、3月20日(火)、3月26日(月)

4月1日(日)、7日(土)、13日(金)、18日(水)、24日(火)、30日(月・祝)

5月6日(日)、12日(土)、16日(水)、22日(火)、28日(月)

6月3日(日)、9日(土)、14日(木)、20日(水)、26日(火)

7月2日(月)、8日(日)、18日(水)、24日(火)、30日(月)

8月5日(日)、15日(水)、21日(火)、27日(月)

9月2日(日)、8日(土)、13日(木)、19日(水)、25日(火)

10月1日(月)、10月7日(日)、11日(木)、17日(水)、23日(火)、29日(月)

11月4日(日)、9日(金)、15日(木)、21日(水)、27日(火)

12月3日(月)、7日(金)、13日(木)、19日(水)、25日(火)、31日(月)

となっています。こうして一覧にしてみると、大安の日が結構多いことが分かります。10月が最も多くなんと大安は6つあり、最も少ないのは1月と8月で大安の数は4回となっています。

大安に厄払いに行くのはあり?

なにをするにも吉の大安であるため、厄払いを行っても問題ありません。大安の日は1日中吉であるので午前中でも午後でもどちらでも良いです。

厄払いは一般的に節分(2月4日)までに行うのが良いとされてきましたが、正月に行うのが良いともされています。2月4日までに行くのであれば1月5日、11日、22日、28日、3日ということになります。

しかし最近では節分までに厄払いをすべきということはあまり言われなくなりました。いつ行っても問題ありませんが、厄年の年に行うようにしましょう。土日の大安の日は厄払いやお宮参りなどでたくさんの人が神社を訪れるため混雑するかもしれません。仕事の都合がつくのであれば、平日の大安の日に厄払いをしに行くことをおすすめします。

関連した記事

2018年厄年の男性とは?数え方と年齢を紹介!

誰もが一度は聞いたことがある厄年。しかし「厄年って...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄年に引っ越しは大丈夫?不安になったら厄除けを!

多くの人が成人後に、一人暮らしや同棲・結婚のため、...

2019年08月09日, 開運・厄払い

厄年の結婚は良くないってホント?理由を男女別に解説!

わざわいが起きるとされる厄年ですが、厄年を聞いたこ...

2019年08月09日, 開運・厄払い