潜在意識を書き換えて人生を変える方法:ポジティブ思考で成功をイメージする

SCOPE編集部
公開, 更新 , 霊感・スピリチュアル

「人生をポジティブな方向に変えたい」

そう悩む人は多いかも知れません。

人生をプラスの方向に変えていくためには、まずは自分の行動を見つめ直すことが大事です。なぜなら行動の積み重ねが、人生になるからです。

そして、あなたの行動を規定しているのは、今回のテーマでもある「潜在意識」です。

潜在意識とは言葉の通り、あなたの心の奥底に潜む意識のこと。

潜在意識は、うまく使うことができないがゆえに非常に大きなパワーがあるとも言われるものです。

そして、この潜在意識を良いものに書き換えていくことで良いものを引き寄せ、物事は好転していくと言われています。今回は顕在意識の書き換えについてや、書き換えて幸せになる方法をご紹介。

潜在意識とは?

潜在意識とは、「自覚がないけど、自分の行動や言動を縛っている意識」を指します。

私たちの中には2つの意識があり、普段自分たちで認識できる意識のことを「顕在意識」と言い、逆に認識できず、うまくコントロールすることもできない意識のことを「潜在意識」と言います。

潜在意識は、自覚症状がないため、発見するためには深い思考や瞑想などが必要になります。

潜在意識は行動や結果に大きな影響を持つ

あなたは「何をやってもうまくいかない」と感じたことはありませんか?「自分に起きることは不幸なことばかり」「なぜか何もうまくいかない」と過剰にネガティブに感じてしまうのも、人間の一面と言えます。

このような感情は、自身が持つ潜在意識が影響しているのかもしれません。

例えば、何かに挑戦する際、「失敗しそう」「どうせ私がやっても…」という暗い未来ばかりをイメージしてしまう人がいます。

このような人は、過去の失敗などが潜在意識に影響を与えている状態と言えます。

冷静に考えてみれば、小学校のときに失敗したからと言って、大人になっても失敗するとは限りません。

しかし潜在意識に行動を縛られてしまうと、無自覚のうちに「失敗する」と考えてしまい、そしてそれは実際に現実のものとなります。

ネガティブ思考に陥ってしまっている人は、まずこのような潜在意識から変えていく必要があるのです。

潜在意識を書き換えるメリット

「何をやっても上手くいく人」というのは、潜在意識からポジティブな人と言えます。

では潜在意識をポジティブに変えるためにはどうしたらいいのでしょうか。

実は、潜在意識を書き換えることによって、物事がポジティブに動き出します。すなわち、潜在意識次第であなたの欲しい結果を引き寄せることができるようになるのです。

好きな人と両想いになりたい、仕事で成功をおさめたい、希望の学校に進学したい、など内容は人によってさまざまですが、潜在意識を書き換え、それを本気で信じて行動していると潜在意識を実現できるようになります。

潜在意識がネガティブだと、何をやってもうまくいかない状態が続きます。しかし、潜在意識を書き換えることで、脳がポジティブな反応になるため、物事が上手く進む確率が高まります。

潜在意識を書き換える方法

潜在意識は自分すぐに変化させられるものではありません。しかし根気強く、はたらきかけることで、徐々に変化させていくことができます。

潜在意識を書き換える方法は以下の通りです。ぜひ日々の生活の中で実践し、毎日を幸せなものに変化させていきましょう。

小さな行動から変化させる

潜在意識とは、自覚がありません。自分では当たり前と思っていることでも、客観的に見ると当たり前ではないことに気づくはずです。

たとえば利き足や利き手というのも、潜在意識の一つです。

箸を持つとき、靴を履くとき、いちいち右手で持つか左手で持つか、靴はどちらの足から履こうか考えたことはないでしょう。これは潜在意識によって無意識に行動している例と言えます。

潜在意識を書き換える方法としては、いつもと行動を逆にしてみることです。いつも靴を右足から履いてるなら意識して左足から履いてみる。いつも同じ道、同じ時間に通勤しているなら変えてみる、などきっかけはなんでもいいです。

いつもより少しだけ意識的に行動するだけでOK。

ポジティブ思考は大前提

まず大前提として、ポジティブ思考を意識して持つようにすることは非常に大切。ポジティブでいることは、自分にとって良いものを引き寄せる効果が高まり、結果として潜在意識を書き換えることにも繋がります。

実際、ネガティブ気味の人が物事をポジティブにとらえることは難しいかもしれません。無理にポジティブになろうとすると、その反動で余計にストレスをためてしまいます。

自己暗示も大事です。特に根拠がなくても、「私はポジティブな人間だ」と言い聞かせるだけでも効果はあります。

「疲れた」「面倒臭い」「だるい」など日常のちょっとしたネガティブな言葉も潜在意識に影響します。なるべく「楽しい!」「嬉しい!」など、なるべくポジティブな感情をそのまま言葉にするようにしましょう。

そうするだけで、気持ちは自然と晴れやかになり、徐々に潜在意識はポジティブなものに書き換えられていくものなのです。

明るい人の近くに行く

自分の周りに、明るい性格の人、ポジティブな人、元気な人を置くのも効果的。もし潜在意識を明るいものに書き換えていきたいのなら、なるべく明るい人と多く接するようにすることが大事です。

人間は周りの環境に影響を受けやすいです。ネガティブな人と一緒にいると、自分の思考もネガティブに汚染されます。

明るい人は周りの人を元気させる、晴れやかな気分にさせるなどのパワーを持ちます。人の喜びや幸せに触れると、自分も影響を受けて、楽しくなったり、明るくなることはあるものです。

成功をイメージする

何か大変なことを任されたとき、試練をクリアしなければいけないときなど、ネガティブな人はつい「出来なそう」という暗いイメージばかりをしてしまうものです。これも潜在意識が影響しています。

イメージは自分が実際に成功することに繋がることも多いのです。なぜなら、具体的なイメージを持つことで、次に起こすべき行動や考え方を理解することに繋がるからになります。

そしてこれも失敗するイメージから成功するイメージにする、という意味で潜在意識の書き換えなのです。普段から暗いイメージばかりを持つ人は、ぜひ明るく、成功している自分、夢を叶えている自分を想像してみてください。

偏見を持たない

多くのことを決めつけ、偏見や先入観にとらわれてしまいがちな人は、潜在意識の書き換えがうまくできていないことが多いのです。

つまり裏を返せば、偏見を持たず、柔軟な考え方を持つことで、潜在意識をうまく書き換え、コントロールすることに繋がっていくと言えるのです。

偏見で脳内が凝り固まっている人は、物事のうまくいく・いかないを全て自分の思い込みで決めてしまうところがあります。すると自分の行動にも制限をつけてしまうことが多くなり、結果として潜在意識を書き換えることができないのです。

「もしかしたらこうなるかもしれない」という明るい一つでも可能性を見出してみましょう。それが潜在意識を書き換えることに繋がります。

瞑想して心を穏やかにする

普段の生活の中で、人が嫌だと感じること、不安に思うことはたくさんあります。ポジティブでいようとしていても、思いがけず周りから影響を受けてネガティブ思考に陥ってしまうこともあるでしょう。

潜在意識はこのように外的要因から悪いものに変質してしまう場合もあります。少しでも潜在意識の書き換えを行うため、なるべくこまめに瞑想することを心がけてみましょう。

瞑想は心を無にし、嫌な感情を浄化します。それは潜在意識を嫌なものから明るい方へ書き換えていく、ステップの一環なのです。

睡眠時を上手に活用する

睡眠中というのは、あなたは潜在意識の下にあります。そこで、この時間を使って自己催眠をかけることによって潜在意識を書き換えていくことができるのです。

具体的には、夜眠りにつく前に「私は〇〇な人間になる」という願望を声に出し、自分自身をリラックスした状態にもっていったうえで潜在意識を刷り込みます。

ここでいう心身がリラックスした状態というのは、眠る寸前のウトウトした状態のことです。この状態にある時が、潜在意識を書き換えるのに最も適した時間と言われています。

眠る前にはネガティブなことは考えない、自分のなりたい姿をイメージする、そうすることであなたの潜在意識を書き換えていくことが可能になるのです。

関連した記事

死後の世界を信じる女性の特徴:臨死体験をした人は4%以上?

昔から死んだら天国に行くのか、地獄に落ちるのかなど...

2019年08月19日, 霊感・スピリチュアル

プラーナを食べるとは?プラーナを取り入れる方法や見る方法も紹介

スピリチュアルの分野でよく聞く「プラーナ」ですが、...

2019年08月19日, 霊感・スピリチュアル

スピリチュアルカウンセラー江原啓之の噂:当たるのは本当か?

江原啓之さんと言えば、以前、オーラの泉で活躍したス...

2019年07月25日, 霊感・スピリチュアル