[四柱推命]戊子(つちのえね)の性格の特徴:相性の良い人などを紹介!

[四柱推命]戊子(つちのえね)の性格の特徴:相性の良い人などを紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、占うことによってその人の性格や傾向、特徴をしっかりと把握することができるものです。

今回は、四柱推命の中の一つ、戊子(つちのえね)について分かりやすくまとめました。

戊子とは一体どんな性格をしていて、どのような特徴を持っているのでしょうか。また、恋愛傾向についても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

戊子(つちのえね)の性格

戊子の性格は、非常にまじめで、面倒見が良いということが挙げられます。目の前の現実がすべて、という現実主義の一面も性格の特徴の1つです。

しかし、好き嫌いがすぐに表情に表れてしまうので、人間関係に不利に働いてしまうことがあります。

どんなことでも真面目に取り組むことができるので、時間がいくらかかったとしても、任されたことをこなすことができるのが魅力です。

しかし、無理に自分の意見を押し通すことなどは一切ないので、表面上では何を考えているのか分かりません。

そのため交友関係が狭く、「地味」と思われることも多い印象です。しかし、その本質は非常に優しくまじめな人柄であるといえます。表裏が無く、努力家でもあるので、大器晩成型といえるでしょう。

戊子(つちのえね)の特徴

戊子の特徴は歳によって大きく変わるので、年代ごとの特徴を紹介します!

幼年期

年少期はかなりのトラブルメーカです。現実的な側面を持つ前の段階なので、自分からトラブルを引き起こしたり巻き込まれる可能性が高い傾向にあります。

成年~中年期

成人前後に至るまでに、現実的な性格が大きくなるのです。そのため、学生時代からコツコツ努力することの大切さを学びます。

また、壁にぶつかることが多くなる時期です。その壁を乗り越えることで、成人以降に高い評価を受けることになります。

老年期

年数を重ね、晩年に差し掛かるころ、子宝に恵まれる人は多いです。晩婚と呼ばれる結婚に縁がある人も多いので、そういった出会いによって子供に巡り合うことができます。

現実的な事ばかり考えてきたため、中々巡り合うことができなかった運命の人に出会える時期が、晩婚に差し掛かる頃なのです。あきらめずに生活することで、こういった幸せをつかみ取ることができるのが特徴です。

戊子(つちのえね)と相性の良い人

戊子の性格や特徴的に、相手に素直に思いを伝えるということはほぼありません。そのため、相手は人間的にも非常に尊敬できる相手であることが大切です。

尊敬できる人であれば、分かりやすいアプローチが苦手な戊子の性格でも、うまくアプローチを行うことができるでしょう。

しかし、それがどうしてもできない人もいます。そういった相手には、向こうからぐいぐい来るタイプの異性がおすすめです。

自分が言葉を紡ぐのが苦手でも、相手がしっかりとリードしてくれれば問題ありません。時折、何を考えているのか理解できないと衝突することがあっても、向こうからしっかりと言葉をかけてくれるので長く付き合っていけるでしょう。

戊子(つちのえね)の恋愛

戊子の性格的に、自分からアプローチをするのは得意ではありません。そのため、なかなか自分の気持ちを相手に伝えることも、距離を近づけることもできない傾向にあります。「何を考えているのか分からない」といわれることも多いのが戊子の特徴です。

好きな人ができたときも、その気持ちを押しとどめてしまいます。しかし、それでは恋愛を成就させることはできません。相手が積極的であれば進展を望むことはできますが、そうでない場合、ほとんどが片思いで終わってしまいます。

そういったことにならないよう、自分の性格を理解し、恋愛でも、普段の生活でも対策を取れるようにしましょう。

戊子(つちのえね)の特徴まとめ

戊子の人は、現実主義すぎたり、素直に思いを伝えることが苦手なので誤解されやすいですが、努力家で優しい人が多いのです。

自分の気持ちを素直に伝える努力をしてみたら、自分の置かれている環境がガラッと変わるかもしれません。

関連した記事

[四柱推命]癸丑(みずのとうし)の性格・特徴・相性・恋愛運を紹介!

癸丑(みずのとうし)とは、四柱推命(しちゅうすいめ...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]己亥(つちのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

己亥(つちのとい)とは、四柱推命で扱う干支です。己...

2019年07月25日, 四柱推命

丙申(ひのえさる)の特徴とは?性格・相性・恋愛について紹介!

四柱推命でいう丙申は干支の一つで、第33番目の組み...

2019年08月23日, 四柱推命