[四柱推命]偏財(へんざい)の性格の特徴:人に尽くすことが生きがい

[四柱推命]偏財(へんざい)の性格の特徴:人に尽くすことが生きがい

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

四柱推命とは、中国で生まれた過去から未来までを予見する運命学のうちのひとつです。

陰陽五行説を基に、人が生来持っている性格、能力を理解し、経験や努力で変わる後天的な運命を予測することができると言われています。

そして、偏財とは、四柱推命で用いられる概念のことです。生まれた日の干支と現在の干支との関係を表す代名詞(通変)の一つで、命式という表によって導き出されます。

年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱どこにあるかで性格が変わってきますので、自分の命式においてどこにあるのかを十分に確認しましょう。

また、偏財には投資、期待、商業、華やかさ、繁栄、良縁、信用、妾、父などの意味があり、一言で言えば流動の財を意味します。

そのためか、偏財の人は、奉仕精神の旺盛な商人タイプの人が多いです。

今回は商人タイプの偏財の人の性格や特徴、相性や恋愛傾向について紹介します。

偏財を持つ人の性格・特徴

サービス精神旺盛な目立ちたがり屋

偏財を持つ人は人に喜んでもらうことが大好きなことが多く、それを生きがいにしている人も少なくないでしょう。

お金を稼ぐのも好きですが、それと同時に他の人のために使うのが好きな性質があります。

お金が入ればその分消費しやすいのですが、人のために使うことが多いので、人脈は広い傾向もあります。

しかし、それは過ぎるとお節介になってしまうこともあるので、適度に様子を見るといいでしょう。

稼いでは使うの繰り返しですが、他の人のために使っていることが多く、義理に厚いので何かあれば周囲の人が手を差し伸べてくれることもあります。

そのおかげでまた稼ぎ、人脈を広げることができるので、商人向きの性格や特徴を備えているとも言えるでしょう。

偏財の柱ごとの性格

年柱、月柱、日柱、時柱で象徴するものが違いますのでどの柱にあるのかによって性格にも多少の違いがでます。

まず年柱は、幼少期の運勢の他に、先祖、親などのルーツの他に上司を表します。

実家が何かしらの商いをしていることは、やはり少なくないようです。

他の星の配置によるところもありますが、基本的に周囲を包み込む雰囲気をまとっている人が多いです。

月柱は、中年期の運勢の他に仕事や家庭についてを表していることもあります。

身内より外の人において困っている人を放っておくことができない傾向があるので、家族より友達を大事にしてしまう可能性があるので、気をつけたほうがいいでしょう。

日柱は、初老の運気や自分自身や恋愛に対することを表します。

奉仕を生きがいとし、相手の喜ぶ顔や態度がそのまま心の栄養になることが多いようです。そのためには自分の身を切ることもいとわない傾向があります。

時柱は晩年の運勢、子孫運や生命力を表し、子供を象徴しています。自分を磨くことも忘れない人が多いのでそれなりに稼ぎ、豊かな老後を送ることができる人が多いようです。

偏財を持つ人の相性・恋愛運

偏財の恋愛傾向

偏財の人は相手に尽くすので、異性から癒しを求められることが多い傾向があります。

盲目的になる人は少ないのですが、好意を利用されないように十分に気を付けてください。

気が利き、相手の長所を見つけるのが得意な傾向があるので、幅広い人付き合いができ、出会いの機会も多く訪れ、一度付き合いを始めると長くお付き合いができる傾向があります。

結婚すれば、相手の家族にもよく尽くします。

女性の場合は姑との間に問題を抱える可能性がありますので、あらかじめ相手のことを、持っている星も含めてよく見ておくとトラブルの解決策も見つかるかもしれないでしょう。

逆に、姑の立場の場合で自分の立ち位置が無くなる可能性がある場合は、家だけでなく地域に貢献するのもいいかもしれません。

偏財と相性がいい星悪い星

まず、相性がいいのは正官、偏印、食神です。

正官の人はプライドが高い傾向があるので、偏財の人が手を焼きすぎないように注意すれば強い組み合わせになるでしょう。

偏印の人とも世話を焼きすぎないことが大切になりますが、偏財の人がサポートに回ることで偏印の人の持つ才能を伸ばすことができます。

食神の人とはとても気が合います。

食神の人は世話を焼かれ上手なので、世話を焼くことが生きがいの偏財の人とは相性がとても良いと言えるでしょう。

相性が悪いのは比肩、劫財です。比肩の人は自分で考えたことを行動に移すことを得意としているので、偏財の人があれこれ手を焼いてくれることを疎ましく思ってしまうことも。

劫財の人と、偏財の人とは長く付き合って互いを理解できれば乗り越えられる関係になるでしょう。

まとめ

気前が良く、人に尽くすことを生きがいとする偏財を持つ人の性格や恋愛傾向、相性などについて紹介しました。

偏財の人はお金を稼ぐことも好きですが、他の人の喜ぶ顔や態度が心の栄養になる人でお節介を焼くのが好きという人が多い傾向があります。

他の人のために出費をすることが多いので、稼いだ分が殆ど他の人への投資になってしまうことも多いです。

ですが、一方で恋愛になると相手に尽くす傾向が強いので、多くの異性から癒しを求められることが多いでしょう。

ただし、結婚をすると相手の家族にも全力で尽くす傾向がありますので、女性がこの星を持っている場合はいわゆる嫁姑問題が起こりやすくなります。

お互いの性格を考慮して、我慢をするところを考えましょう。

関連した記事

[四柱推命]丙寅(ひのえとら)の性格の特徴:恋愛傾向や相性を紹介!

丙寅(ひのえとら)とは、四柱推命(しちゅうすいめい...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]戊子(つちのえね)の性格の特徴:相性の良い人などを紹介!

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、占うことによって...

2019年07月25日, 四柱推命

丙申(ひのえさる)の特徴とは?性格・相性・恋愛について紹介!

四柱推命でいう丙申は干支の一つで、第33番目の組み...

2019年08月23日, 四柱推命