[四柱推命]癸亥(みずのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

[四柱推命]癸亥(みずのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

癸亥とは、四柱推命で扱う干支です。普段聞きなれている十二支の他に五行と陰陽に分かれる十干を掛け合わせた計六十通りあります。

癸とは雨や霧などの水滴のイメージがあり、亥は冬を越えるために閉ざすという意味です。

その干支の意味とそれがどの柱にあるかを知ることで、その性格が出てくる期間や程度、また傾向を占うことができます。

癸亥の人はそのイメージにたがわぬ穏やかさと辛抱強さを持っている傾向があるでしょう。

今回は癸亥を持つ人の性格や恋愛傾向、また、相性の悪い干支、いい干支について紹介します。

癸亥を持つ人の性格・特徴

穏やかで辛抱強い人

癸亥を持つ人は基本的に辛抱強くどんなにつらくても向かって行く強さがあります。表面上穏やかに見える人が多いので、芯の強さに周囲の人は驚くことも多いでしょう。

女性がこの星を持っていると、周囲の空気や相手の求めていることを察知するのに長けていて、勘も鋭いため、他の人から頼りにされる傾向があります。

プライドは高い場合がありますが、率先してリーダーになるタイプではありません。話のタイミングもうまく読み取ることができるので、いてくれると助かる存在でしょう。

男性の場合も、リーダーシップを発揮することは少ないですが、他の人のために行動することが多いです。

他の人のためであれば自分の主張はせずに気持ちを後回しにしますが、そのため本心が読めない人と誤解される傾向があります。

定期的に自分の意見を発信するようにしましょう。

柱ごとにでる癸亥の性格

四柱推命では年柱、月柱、日柱、時柱によって象徴されているものが違い、それによって性格が少しずつ違ってきます。

まず、年柱は家庭や幼少期を表していて、癸亥が年柱にあるということは穏やかな環境ながら独自のルールのある家庭で育ったことの暗示です。

ちょっとした苦難ではへこまない強い精神はここがルーツでしょう。

次に月柱にある場合は成人してからの性格を表し、自分の考えはあまり表に出さないので周囲との間に壁を作ってしまうこともありますが、行動力があり、問題を解決に導くことが得意です。

日柱にある場合は、生涯を通じての性格、いわば性格の芯のようなものを示しています。基本的に我慢強く、行動的で難しい問題を着実に乗り越えていく強さがあります。

時柱にある場合は、晩年の性格を表し、直感が冴え、頭の回転も速い傾向があるようです。物事に根気強く取り組むこともできるので、積み重ねた知識を土台に成果を手にする人も多いでしょう。

癸亥を持つ人の相性・恋愛運

癸亥の恋愛運や傾向

癸亥は裏方向けの能力に長けています。恋愛においても同様の傾向があり、相手を支え、サポートすることが多くなるのが癸亥を持つ人の恋愛の特徴です。

自分の思っていることを表に出すことは少ないので、両想いになるまでに時間を要すかもしれません。

女性の場合はプライドが高く、男性への理想も高い傾向があります。見た目も良く、実力を持ち合わせた人に惹かれやすいです。また、その地位も重視する傾向があります。

癸亥の女性は相手を支えることを得意としているので、それだけの人と共に歩みたい、と思う気持ちが強いのでしょう。男性の場合は相手に尽くします。

愛している人には、惜しみなく愛情を注ぐ傾向がありますが、気持ちを伝える事が苦手なので、その想いに相手が気づくことが少ないでしょう。

もっと自分の気持ちを表現することが大切です。

癸亥と相性がいい干支悪い干支

癸亥と相性がいい干支は戊寅、辛卯です。戊寅の人はプライドが高く実力も申し分ありません。

その落ち着いた物腰から他の人の信頼を集めます。また、癸亥の人がサポートに回ることで、より成功を手にしやすくなります。

辛卯の人は品が良く、純粋な心を持ち合わせています。またこつこつと努力を重ねることが得意なので、癸亥の人が支えることで同じ目標を達成しやすくなるでしょう。

癸亥と相性が悪い干支は己亥、丁巳です。

己亥の人は、感情の起伏が激しく、癸亥の人はそれに合わせようとするので、いつの間にか疲れてしまいます。お互いにプライドもあるので、同じ場所にいるのは少し危険な関係です。

丁巳の人は能力が高いのですが、気分屋な部分があり、サポートをするまでもなく、自分で全てやってしまうので、癸亥の人の出番がなくなってしまう傾向があります。

己亥と丁巳の人とは関係を築くのに時間がかかるかもしれません。

まとめ

癸亥の人は勘のいい裏方タイプで、自分が尽くすと決めた人にはとことん尽くし、他の人の意図を読み取る能力に長けています。

ただ、リーダーのいいなりになるのではなく、その人が支えるに値する人物か、他の人のためになるのかを考えています。

その中で実力もあり、勘もいいので周囲の人からは頼りにされることが多いでしょう。

しかし、自分の考えを表に出すことは少ないので何を考えているのかわからないと敬遠されることもあるでしょう。

恋愛においてもその相手がついていく、もしくは尽くすに値する相手であることが重要になります。そのため、自然と相手に求める基準は高くなります。

しかしながら自分からアプローチすることは極めて稀なため、恋愛関係になることは少ないでしょう。

関連した記事

[四柱推命]壬子(みずのえね)の特徴とは?性格・相性・恋愛運も紹介!

壬子(みずのえね)とは、四柱推命で扱う干支のことで...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]庚寅(かのえとら)の性格/特徴:相性や恋愛運も紹介!

中国の陰陽五行説を元に生まれた四柱推命(しちゅうす...

2019年07月25日, 四柱推命

四柱推命における比肩(ひけん)の特徴:恋愛傾向も紹介!

四柱推命の中でも、独立心が強い比肩(ひけん)をご存...

2019年07月25日, 四柱推命