[四柱推命]己亥(つちのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

[四柱推命]己亥(つちのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

己亥(つちのとい)とは、四柱推命で扱う干支です。己は柔らかく栄養の豊富な土、亥は冬を越えるために閉じている種子を意味しています。

四柱推命で扱う干支には、普段聞きなれている十二支の他に五行と陰陽に分かれる十干を掛け合わせた計六十通りの干支があります。

その干支の意味とそれがどの柱にあるかを知ることで、その性格が出てくる期間や程度、また傾向を占うことが可能です。

己亥の人は高いプライドと観察力が特徴です。今回は己亥を持つ人の性格や恋愛傾向、また、相性の悪い干支、いい干支について紹介します。

己亥を持つ人の性格・特徴

高いプライドと観察力

プライドが高く、自分を強く持っている傾向があります。

表面的には控えめで穏やかですが、独自のこだわりがあり、それが侵されたと感じた場合は強く抵抗するでしょう。

感情の起伏が激しいと言われる所以でもあります。しかし、観察力も高く、他の人に気を使うことが得意なので、よほどのことが無ければ誰とも衝突しない道を選ぶことが多いです。

女性の場合誰に対しても平等な態度を心がけるでしょう。やさしい一面を持ち合わせているので、断るのが苦手なきらいがあります。

隠れた才能を持つこともあり、自分ではそれに気づくことはあまりなく、他の人がその才能を見出すことで成功への道が開けるタイプの人です。

男性の場合、ポーカーフェイスすぎて、他の人が近寄りづらいきらいがあります。優しい面をもちろん持っていますが、プライドが高く自信も強いです。

スタートダッシュが得意ですが、気が変わりやすく途中になってしまうことも少なくないでしょう。

柱ごとにでる己亥の性格

四柱推命では年柱、月柱、日柱、時柱によって象徴されている物が違い、それによって性格の出方が少しずつ変わってきます。

まず、年柱は家庭や幼少期の性格を表していて、変化に富んだ環境で育つ人が多いです。そのため、感情の安定はしづらく、自立心が早くから芽生えるでしょう。

次に月柱にある場合は成人してからの性格を表しています。働き者で考え方も現実的ですが、周囲に合わせて動くのが苦手な場合があります。

自分の道を進みたがる傾向を持っているため、ときにこの傾向が邪魔して成果を上げることが難しい場合もあります。

日柱にある場合は、生涯を通じての性格、いわば性格の芯のようなものを示しています。感情の波が激しく、集団で行動することは不向きですが、その考え方は現実的です。

自分の周囲にいる人を守る気位を持ち合わせています。晩年の性格を表している時柱に当てはまる人は、目標を高く掲げ行動をする傾向があります。

しかしその時によって気分が変わるので物事が長続きしづらいのも特徴です。その場その場での選択になりがちでしょう。

己亥を持つ人の相性・恋愛運

己亥の恋愛運や傾向

己亥の人は恋人と、友人として付き合っていた時の感覚と変わらない人が多いです。

愛情表現が乏しく、表に出すことが少ないので、相手からしたら本当に付き合っているのかわからなくなることもあるでしょう。

かといって己亥の人にそれを問いただしたり証明させたりすると、気分を害することもありますので注意してください。己亥の人からも二人の時間を過ごす努力をした方がいいでしょう。

女性の場合は、自分が束縛されることを嫌う分、相手を束縛することも滅多にありません。物事を決めるのが苦手なので、自分から結婚に踏み切ることも少ないでしょう。

結婚したいと思う場合は男性側から引っ張っていく必要があります。己亥の男性は他のものごとに興味を持つと恋人や家族には構わず取り組む傾向があります。

それもあまり長続きしないことが多いので、周囲は振り回されて損をした気分になることもあるでしょう。愛想をつかされないためにも意識して恋人や家族との時間をとる必要があります。

己亥と相性がいい干支、悪い干支

己亥と相性がいい干支は甲午、甲寅です。己亥の人と共通点が多くなじみやすいでしょう。甲午の人はしっかりとした性格なので、不安定な己亥の人を支えられる傾向があります。

甲寅の人とも自由な恋愛を好み、穏やかな雰囲気を持っている共通点があるので、気の合う相手でしょう。甲寅の人は主張もしないので、己亥の人が安心して本音をぶつけることができます。

己亥と相性が悪い干支は乙亥、癸丑です。乙亥の人も物事の判断を自分ですることが苦手なところがあります。

二人で何かを話し合ったとしても、決着がつかず、お互いに疲れてしまう組み合わせです。

癸丑の人は行動力があるのでリードしてくれるのですが、男性の場合、自分の行動に評価をしっかりしてくれる人を好む傾向があり、己亥の女性は愛情表現が苦手なため、自然と離れることになりそうです。

まとめ

己亥を持つ人は、観察力が強いので、周囲の人の状況を察知して優しく振舞うことができる一方で、優しすぎて決断力に欠ける一面もあります。

しかし、その内側には高いプライドと繊細な心を隠しています。ゆえに自分の許容できないことや、譲れないものを傷つけられた時はその優しい表情から一変激しい一面を見せるでしょう。

努力は惜しまないのですが、気分屋な面も持ち合わせています。

その中に隠れた才能が現れることもありますが、自身はそれに無自覚なので、周囲がその才能に気づいて伸ばすことができれば大きな成果を手に入れることができるかもしれません。

恋愛においてはその性格がより表に出ます。

誰とも分け隔てなく接するので、己亥の人を恋人に持つ人は自分が本当に愛されているのか不安に思うこともあるでしょうが、愛情表現が苦手な己亥の人には愛情表現を求めない方がいいでしょう。

関連した記事

[四柱推命]庚辰(かのえたつ)の性格・特徴・相性・恋愛運

四柱推命の庚辰(かのえたつ)は、刃物や金属のことを...

2019年07月25日, 四柱推命

四柱推命における丙子(ひのえね)の性格:特徴・相性・恋愛運を紹介!

太陽を思わせる大きな炎を指す「丙」、それとは真逆の...

2019年07月25日, 四柱推命

四柱推命における戊寅(つちのえとら)の性格は?相性や恋愛運を紹介!

四柱推命において戊寅は、山岳のように動じない男らし...

2019年07月25日, 四柱推命