[四柱推命]庚戌(かぬえいぬ)の性格・特徴・相性・恋愛運

[四柱推命]庚戌(かぬえいぬ)の性格・特徴・相性・恋愛運

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

庚戌(かぬえいぬ)とは、四柱推命で扱う60種類にも及ぶ干支のうちの1つです。

庚は鉄やそれから生まれる刃物を表し、戌には時期が過ぎて枯れた植物が次の時期までの休息を取っているという意味があります。

その干支の意味とそれがどの柱にあるかを知ることで、その性格が出てくる期間や程度、また傾向を占うことができます。

庚戌の人は、穏やかな外見に情熱を隠している人が多いです。

今回は庚戌を持つ人の性格や恋愛傾向、また、相性の悪い干支、いい干支について紹介します。

庚戌を持つ人の性格・特徴

普段は合理的時々情熱的

庚戌の人は普段はものの考え方が合理的な人が多いです。

内側には強い闘争心を隠している人も多く、努力を惜しまず、また強い忍耐力も持ち合わせているので、どんなに厳しいことでも最後までやり抜く力を持っています。

しかし、プライドの高さが邪魔して、他の人に指示が納得できない場合は受け入れるのに苦労する傾向があります。

マイペースで慎重な面も持ち合わせているので、チャンスを逃してしまうことも多少なくないでしょう。

周囲の人にその能力を認めてもらうことができれば、大きなことも成し遂げることができます。

庚戌の女性は特に競争心や物事への挑戦意欲が高く、新しいことに挑戦し、自分が常に一番になれるよう努力します。

ただし、思っていることを周囲に伝えるのが苦手なので、理解者が一人いると心強いでしょう。

男性は真面目で内気な人が多く、気難しい人だと敬遠されるきらいがあります。

自分の興味のあることに対しては、その手腕を存分に振るうことができるので、自分の才能を認めてくれる人との出会いが重要になるでしょう。

柱ごとにでる庚戌の性格

四柱推命は、「生まれた日」(生まれた年・月・日・時間)を、四つの柱「年柱(ねんちゅう)」「月柱(げっちゅう)」「日柱(にっちゅう)」「時柱(じちゅう)」に見立て、さまざまなことを占う運命学です。

その違いによって、性格に少しずつ違いが出てきます。

まず、年柱は家庭や幼少期の性格を表していて、品のある、比較的静かな雰囲気の家庭で育つ傾向があります。

行儀や品格を学びますが、生まれ持った情熱を内に秘めて育ちます。

次に月柱にある場合は成人してからの性格を表していますが、生まれ持った才能が誰かの目に留まるかそうでないか、自分でその能力を活かせるかどうかで大きく変わってしまいます。

中年期を表している日柱に当てはまる場合は、生涯を通じて現れる、いわば性格の芯のようなものを示しています。他の人とは別の道にその興味が向くことが多いでしょう。

晩年期を表す時柱にある場合は、晩年の性格を表し、運気が安定しにくいですが、持ち前の負けず嫌いと頑固さで乗り切ることが多いでしょう。

挑戦意欲が衰えることはあまりなさそうです。

庚戌を持つ人の相性・恋愛運

庚戌の恋愛運や傾向

庚戌を持つ人が好きになるのはその内面に尊敬できるところがある人です。

動き出すのは遅めで、自分が本当に相手のことが好きなのかを見定めてからになります。動き出してからも慎重に周囲から攻め落としにかかることもあるでしょう。

庚戌の女性はその大人しさゆえ、多くの男性からアプローチを受けるでしょう。

庚戌の女性はとりあえず付き合ってみる、と考えることが苦手で、本当に好きになれる人を選ぶことが多いでしょう。

好意を寄せている人に、本当に自分が相手を愛しているのか、その人が自分に振り向いてくれるにはどうしたいいのかを考え、じっくりとことを進めていきます。

庚戌の男性は、大人しく口数が少ないので、女性と話をすることがないイメージが強いことが多いです。

しかし、その内面が激しいのは性格でも触れた通りで、好きになった女性のことを調べて、アプローチをする傾向があります。

それを周囲に気づかれないように隠すことも得意なので、同じ女性を狙っていた男性があれこれしている内に相手の気持ちを射止めるということも少なくないでしょう。

庚戌と相性がいい干支悪い干支

庚戌と相性がいい干支は乙卯、己卯です。

人望の厚い乙卯の人は庚戌の人から見ても恋愛対象として申し分なく、庚戌の人は大人しい雰囲気を持っているので恋愛においてはわがままを言いたい乙卯の人にとっては相性がいい相手です。

己卯の人は度胸があり、他の人を支えるのも得意なので、庚戌の人の挑戦意欲に火がついても受け入れることができます。

庚戌と相性が悪い干支は甲辰、丁亥です。

甲辰の人も庚戌の人もどちらも負けず嫌いで頑固者の一面を持つので、一度衝突してしまうとどちらも引かず、小さな争いが大惨事になる可能性があります。

丁亥の人は物事の一部にどうしても、というこだわりがある人が多いので、もしそれに庚戌の人が触れてしまうと大変なことになります。

両者とも、恋愛などではなるべく近づかない方がいいでしょう。

まとめ

庚戌の人は内側にいつまでも衰えない情熱や挑戦意欲を持っている人です。

プライドが高く、慎重な性格は、周囲には品の良さを感じさせることが多いでしょう。一方で、その内側の負けず嫌いな面、頑固な面に触れた人は驚くかもしれません。

その才能は人生で出会う人によって大きく左右され、その才能を見出されることでより輝く人生を歩むことができるでしょう。

恋愛においてもその性格は強く出ます。

仮に相手のことを好きという気持ちを感じようが、多くの異性からアプローチを受けようが、とりあえず付き合う、という選択肢にはなりません。

本当に自分が相手を好きなのか、相手に好かれるのにはどうしたいいのか綿密に調べ、確認をしてから動きます。

そうしてから相手の心を射止めるために行動するので、告白の成功率はかなり高いでしょう。

関連した記事

[四柱推命]己巳(つちのとみ)の性格・特徴・相性・恋愛運

己巳(つちのとみ)とは、四柱推命で扱う干支の一つで...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]壬申(みずのえさる)の性格の特徴:恋愛傾向も紹介!

四柱推命(しちゅうすいめい)の壬申(みずのえさる)...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]庚辰(かのえたつ)の性格・特徴・相性・恋愛運

四柱推命の庚辰(かのえたつ)は、刃物や金属のことを...

2019年07月25日, 四柱推命