[四柱推命]癸丑(みずのとうし)の性格・特徴・相性・恋愛運を紹介!

[四柱推命]癸丑(みずのとうし)の性格・特徴・相性・恋愛運を紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 四柱推命

癸丑(みずのとうし)とは、四柱推命(しちゅうすいめい)で扱う干支です。普段聞きなれている十二支の他に、五行と陰陽に分かれる十干を掛け合わせた、計六十通りあります。

癸とは雨や霧などの水滴のイメージがあり、丑は結んでほどけない様を表します。干支の意味と、どの柱にあるかを知ることで、性格や傾向を占うことができるのです。

今回は癸丑を持つ人の性格や恋愛傾向、また、相性の悪い干支、いい干支について紹介します。

癸丑を持つ人の性格・特徴

まず癸丑を持つ人の性格や特徴を紹介します。

周りにいる癸丑の人と照らし合わせてみて下さい。

優しく直感の冴えた人

癸丑の人は、優しい物腰と直感の強さを持つ人が多いです。真面目な人でもあり、自分のペースを守り、信念を突き通す強さがあります。

女性である場合、おっとりとしているようで意志が強く、どんな時も落ち着いて行動できる人が多いです。

自分の信じる信念の下に行動しますが、それが表面的に出ることはあまりないので、同性から何を考えているのかわからない、と敬遠されることがあります。しかし、大切な人に危機が迫ると率先して守ろうとするのも特徴です。

男性である場合、穏やかでゆったりと構えているように映ることが多いでしょう。

直感的で、思い付いたらすぐに行動に起こす傾向があります。

特に考えを練るわけではないので、見落としている部分があることもあります。ただし、周囲がどう思うか、どう感じるかをいつもよく考えているので、それがぶれる事はありません。

柱ごとにでる癸丑の性格

四柱推命では年柱、月柱、日柱、時柱によって象徴している物があり、それによって性格の出方が少しずつ変わってくることになります。

年柱は家庭や幼少期を表していて、ここに癸丑がある場合は厳しい家庭で教育され、自分のことは自分でするように自然となる傾向があります。

自分のペースや信念を守るというのが性格の基礎になりやすいです。

月柱にある場合は成人してからの性格を表し、ルールに順じ、真面目に過ごす人が多いでしょう。

融通が利きづらい面もありますが、周囲からの信頼は厚く、責任のある仕事を任されることが多いです。

日柱にある場合は、生涯を通じてこの性格が何らかの形で出てくる、いわば芯のようなものであることを示しています。

努力家で真面目な性格がずっと変わらない部分になり、コツコツと努力を積み重ねることが得意な傾向があります。

時柱にある場合は晩年の性格を示し、空気を読む能力が衰え、それと同時に自分の意志を通す気持ちが強くなります。行動力も知識もあり、頭の回転も速いので、大胆な行動をとりやすいです。

行動する前に一度周囲の状況を掴むよう心がけるといいでしょう。

癸丑を持つ人の相性・恋愛運

次に癸丑を持つ人の相性・恋愛運を紹介します。

癸丑の恋愛運や傾向

見た目や直感で一目ぼれをしてしまうことが多いでしょう。

癸丑を持つ女性の場合は自身と同じように自分の意志を持ち、芯の通った男性に惹かれる傾向があります。

特に見た目に気を使うことが多く、内外共にかっこいい人に惹かれやすいそうです。また束縛を嫌うので、基本的に自由にさせてくれる人を好みます。

相手にどう思われるのかを考える癸丑をもつ男性の場合、自分を評価してくれる女性に惹かれる傾向があります。

自分の行動にレスポンスのない女性、興味を示さない女性には癸丑の男性も興味を持ちません。

評価をしっかりしてくれる人や献身的に尽くしてくれる人がタイプになることが多いので、同じ環境にいる女性に恋愛感情を抱きやすいでしょう。

癸丑と相性がいい干支悪い干支

相性がいいのが丁酉(ひのととり)、戊子(つちのえね)です。

丁酉の人はお互いに行動力があるため、窮屈な思いをせず一緒に過ごすことができそうです。なにかあった場合は丁酉の人が率先してトラブルを解消するために動いてくれるので、癸丑の人は安心して行動に意識を向けることができます。

戊子の人とはプライドが高く努力家であり、自分の考えをしっかりと持っている傾向があります。知識を求める傾向があるので、知識が豊富な癸丑とは抜群の相性です。

相性が悪いのが戊戌(つちのえいぬ)、丁未(ひのとひつじ)、己未(ひちのとひつじ)です。

戊戌の人は負けず嫌いな所があり、自分が主導権を握りたがる所があるので、自由を愛する癸丑とは合いません。

丁未の人も癸丑の人同様、意志が強いので衝突しやすく、一緒にいると疲れてしまうこともあるでしょう。

己未の人は相手を補助することが得意なのですが、癸丑の人はそれを窮屈に感じてしまうこともありそうです。

癸丑の人まとめ

直感が冴え、知識の豊富な癸丑の人は周囲に穏やかな印象を与えますが、その行動力に時折驚かれることもあります。

自分の意志を突き通す力が強く、周囲の人にもその基準を求める傾向がありますので、ほどほどに、と自分に言い聞かせるようにしましょう。

周囲の人を大切にする傾向があるので、何かあればその周囲の人が助けてくれることもあります。

恋愛ではその行動力ゆえに、自由であることが重要になりますので、主導権を握りたがる相手と一緒だと窮屈に感じてしまうことがあるかもしれません。

お互いに行動力、考えがある人で、尚且つ足りないところをカバーしてくれる人であれば、仲良く過ごすことができるでしょう。

関連した記事

[四柱推命]癸亥(みずのとい)の性格・特徴・相性・恋愛運

癸亥とは、四柱推命で扱う干支です。普段聞きなれてい...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]偏官(へんかん)の性格の特徴:正義感が強く愛される

偏官(へんかん)を持つ人は、基本的に正義感の強いヒ...

2019年07月25日, 四柱推命

[四柱推命]戊申(つちのえさる)の性格/特徴:相性や恋愛運も紹介!

今回は、四柱推命の中の戊申(つちのえさる)の性格・...

2019年07月25日, 四柱推命