[九星気学]三碧木星(さんぺきもくせい)の生まれ年と性格:2018年の運勢や吉方位も紹介!

[九星気学]三碧木星(さんぺきもくせい)の生まれ年と性格:2018年の運勢や吉方位も紹介!

SCOPE編集部
公開, 更新 , 九星気学

三碧木星(さんぺきもくせい)は九星気学という学問の分類のひとつ。

九星気学は占いたい人の生年月日から、その人の性格や傾向、気の流れによる相性などを見ることができます。

生まれ年から見る本命星、生まれ月から計算して出す月命星、さらに生まれた日付から出す日命星の3種類がありますが、月命星や日命星は子ども時代に主な効力を発揮する星です。

今回は、一生を通して影響を及ぼす本命星が三碧木星である人の2018年の運勢や、吉方位などを紹介します。

三碧木星が本命星の人で、2018年には結婚したいという人や子どもがほしいなどと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

三碧木星とは

先に紹介した九星気学は3,000年以上の歴史を持つ中国の伝統的な占いです。

552年に日本に伝えられ、明治42年に園田真次郎が九星術を元に気学という占いを大成し、世に広めました。

現在では九星術と気学とを合わせて、九星気学という名で呼ばれています。

九星気学において、三碧木星は9つある本命星の内の1つです。

三碧木星の生まれ年

三碧木星について、生まれた生年月日から計算する方法やその性格を紹介します。

三碧木星を本命星に持つ人は、1934年(昭和9年)、1943(昭和18年)、1952(昭和27年)、1961(昭和36年)、1970(昭和45年)、1979(昭和54年)、1988(昭和63年)、1997(平成9年)年、2006年(平成18年)、2015年(平成27年)生まれの人です。

九星気学で本命星を知るには早見表を用いる方が早いですし、検索すれば自動で計算してくれるサービスもあります。

西暦で計算する方法が一般的なので、紹介します。

まず、西暦の数字を一桁にばらして足して下さい。もしこの時、はじめに足した数が11以上になった場合は、その数をばらしてもう一度足します。

これを10以下の数字になるまで繰り返し、出て来た数字を11から引きます。ここで3が出ればあなたの本命星は三碧木星です。

九星気学は旧暦を基準にしています。そのため旧暦の年で計算するので、正月から節分までに生まれた人はその前の年を使って計算する必要があります。

三碧木星の基本性格

三碧木星を持つ人は基本的には好奇心旺盛で思い立ったら動く直感型の人が多いです。また、温厚で繊細な特徴も持ち合わせています。

一度決めると物事をどんどん前に進めていく能力もあり、それが功をなして大きな成功を手にする人も多いです。

しかし、負けず嫌いの一面を持っているので、無理にでも物事を押し通そうとするきらいがあります。

大きな失敗をしやすい傾向がありますが、そこから学んで大きく伸びるのも三碧木星を持つ人の特徴。

学ぶ能力が高いので、慎重さを手に入れるのにもさほど時間はかからないでしょう。

また、干支によっても少しずつ性格が分かれ、例えば丑の人は特に物事を前へと推し進める力が強く、辰の人は他の人が困難を思う道でも突き進む強さを持っている傾向があります。

三碧木星の2018年の運勢

九星気学では節分で一年が切り替わる旧暦を基準としているので、2018年2月4日から2019年2月3日までを示します。

2018年は三碧木星の人は変化が訪れる年です。あらゆる面で変化が訪れるので、今までの悪縁などを一掃し、生まれ変わったつもりで過ごしましょう。

恋愛面では、新しい出会いがあったり、恋人ができたりする傾向があります。

また、お付き合いをしている人に関しては、別れる可能性があります。二人のことをしっかり話し合って後悔が無いようにすることが重要です。

仕事運に関しては、転職や仕事仲間との別れがあるかもしれません。

仕事に対しての姿勢や、やり方にも変化が訪れる可能性があります。所属している組織全体の繁栄に、細かな仕事を通して尽力すると運気が上向くでしょう。

地味な仕事であっても、真面目に取り組めば評価してくれる人はいます。思わぬチャンスが転がり込むかもしれません。

三碧木星の2018年の吉方位

三碧木星の2018年の吉方位は左上の北西のみになります。

九星気学で方位を見る時は、年盤と言われる、方位に星の数字が振られた図を見て、相性のいい星の位置を割り出します。

そこから中心と凶とされる方位を抜いた方角が吉方位です。

まず、自分の本命星と相性がいい星の方向が吉方位となります。年盤には8方位と中心の9か所に割り振られていて、中心以外の8つの星を見ましょう。一般的な地図とは逆で上が南です。

三碧木星と相性がいい星は一白水星、四緑木星、九紫火星の3つで、年盤を見るとこれらはそれぞれ右下、真上、中心に配置されています。

この内五黄土星が中心以外に入っている場合は、その方位とその逆の方位が凶をもたらす方位になります。

またその年の干支とも関係があり、その干支と逆の方位は凶とされている方位です。

2018年の干支は戌で方位にすると北西なので、逆側の南東が凶となり、自分の星が入っている方角と、その真逆の方角が凶になります。

三碧木星のまとめ

三碧木星にとって2018年度は変化の年になります。

恋愛、仕事で大なり小なり変化が起きますので、心理的・体力的に厳しい1年になりますが、それを経て自分が成長することができるでしょう。

物事を前へと推し進めていく力の強い三碧木星の人ですが、無理をせずに疲れた時はしっかり休んで自分をケアしてあげてください。

吉方位の北西に出かけて、カフェなどでのんびりとお茶するのもいいでしょう。

九星気学は旧暦を基準として考える学問なので、月や日付も少しずつずれます。自分でチェックする場合は十分に気を付けてください。

電話占いピュアリ[初回無料]

関連した記事

八白土星(はっぱくどせい)の特徴:性格・恋愛・相性も紹介!

八白土星(はっぱくどせい)は、九星気学の運命星のひ...

2019年08月09日, 九星気学

九星気学で相性占い:自分の本命星と吉方位を知ろう

九星気学とは、相性や縁起の良い方位を知るための占い...

2019年08月09日, 九星気学

”帝王”の資格あり!?五黄土星の人の性格と恋愛の傾向を解説!

九星気学にある本命星の1つの五黄土星は他の星に影響...

2019年08月23日, 九星気学