[四柱推命]己未(つちのとひつじ)の性格の特徴:取捨選択が得意!

記事の著者:scopeadmin

中国の陰陽五行説を元に生まれた四柱推命は日本独自のものと考えられていて、今では世界でも広く使用される占いの方法となっています。

日本の専門家の多くは十二運という四柱推命を採用していて、人の一生を日干の変化と強さに照らし合わせて十二支から見るものです。そのため、その高い的中率から四柱推命は占いの王様とも呼ばれています。

今回は、その四柱推命の中でも「己未」(つちのとひつじ)の性格や特徴について紹介していきたいと思います。自分の四柱推命が己未という人は、ぜひ参考にしてみてください。

己未とは干支の一つ

四柱推命では生まれた年を年柱、生まれた月を月柱、生まれた日を日柱、生まれた時間を時柱といい4本の柱に見立てて人生のさまざまなことを占います。

その生まれた年・月・日・時を元に割り出される60種類の干支の一つが「己未」です。「己」があらわしているのは糸巻き。糸を巻きつけるように「選別・収納」の意味があります。

「未」は未年です。木に生える若い枝をあらわし、「若さ・未熟さ」を意味します。また、未は夏の土性です。

己未の性格は人当たりがいい

己未女性は普段それほど目立つ存在ではありませんが、自分の意見をしっかりと持っています。人あたりが良く、他者の世話を率先して行う優しさを持っているので、ボランティア活動にも積極的に参加するでしょう。

また、己未は若い枝や土性のイメージを持つため、作物を育てるための根気強さや意志の強さを備えているのです。一方で根気や意志の強さは頑固さとしてあらわれることもあります。

己未の特徴は取捨選択が得意

己未女性は「選別・収納」の意味を持つ通り、取捨選択がとても上手です。プライベートの人間関係を自分なりの利害関係に応じて選別するのはもちろんですが、仕事での人事コーディネートなど人と人の相性や能力を組み合わせて目的に応じたチームを作ったりすることが得意です。

そういったコーディネート能力を発揮するだけあって己未女性は人とのコミュニケーション能力は高く、かつ、その資質や能力を見抜く才能を持っています。己未女性の選別能力は人のコーディネートにとどまりません。

情報を集めて整理していく情報処理の能力もとても高いので総合職ではその能力を発揮できるでしょう。ただし、ともすれば独自判断での選別にかたよりがち。「思い込みが激しい人」とか「頑固な人」と周囲には思われることもあるようです。

それだけに他人の意見を聞くことが苦手ですので、できるだけ素直に周囲に意見を求めるようにすると良いでしょう。

己未は丁卯と相性がいい

己未女性にもっとも相性が良いのは「丁卯」です。「丁」は丙と同じく火性ですが、太陽である丙に対して「丁」は月。控えめな性質ですが容姿がとても整っています。土性であり落ち着いた印象の己未女性を月のように照らす存在で、とても相性が良いとされています。

次いで相性が良いのは「甲午」です。甲午は夏の日差しを受けて勢い良く樹木が成長する様子をイメージします。頑固で他人の意見に耳を傾けることが出来ない己未にも、甲午の個性豊かで明るく爽やかな性質は素直に受け入れやすいようです。

最も相性が良くないのが「壬子」です。壬子は水性で周囲を振り回す自由奔放な性格。穏やかで他者に対して優しい心づかいを持つ己未女性は振り回されてしまいそうです。

己未は頑固な恋愛観

己未女性は穏やかな雰囲気を持っていますが、内面には頑固で強い意志があります。パートナーに対しても、自分が正しいと思ったら譲ることがありません。

己未女性が好むのは、自分を引っ張ってくれるのではなく穏やかで合わせてくれる男性です。人にやさしく包容力はありますが、尽くすタイプではなく関係は対等であるか主導権を持つことを求めます。年下男性のほうが自然体でお付き合い出来るかもしれません。