[四柱推命]丙辰(ひのえたつ)の性格の特徴:ポジティブで行動派!

記事の著者:scopeadmin

中国の陰陽五行説を元に生まれた四柱推命は日本独自のものと考えられていて、今では世界でも広く使われる占いの方法となっています。

日本の専門家の多くは十二運という四柱推命を採用していて、これは日干の変化と強さ照らし合わせて十二支から見るものです。そのため、四柱推命はその高い的中率から占いの王様とも呼ばれています。

今回はその四柱推命の中でも「丙辰」(ひのえたつ)という干支の性格・特徴・相性・恋愛運についてみていきましょう。自分の四柱推命が丙辰という人は、ぜひ参考にしてみてください。

丙辰とは四柱推命

四柱推命では生まれた年を年柱、生まれた月を月柱、生まれた日を日柱、生まれた時を時柱というように4本の柱に見立てて人生のさまざまなことを占います。

その生まれた年・月・日・時を元に割り出した60種類の干支の一つが、「丙辰」です。丙は「火の兄」とも書きますが、熱く輝く太陽のイメージで積極性や情熱を意味します。辰は「龍」のことで、天に昇って行くように勝ち進みます。気宇壮大なところがあり、気運に乗れば大きく出世するでしょう。

丙辰の性格はポジティブ

四柱推命の53番目の干支である「丙辰」。ポジティブで情熱的な行動派。スケールが大きく強い精神力をもって失敗や障害さえも前向きに捉えます。

丙と辰の組み合わせは大きな力を生み出すため、丙辰女性はとても頭が良い上に、鋭い閃きの力を持っています。頭の回転が速く勘が強く働くので、トラブルや危機をすり抜けるようにかわしてしまうでしょう。

気分屋な面が強く出てしまうと、全て放り出してしまい周囲を驚かせることもあるでしょう。

丙辰の特徴は多彩な才能

丙辰女性は中性的でボーイッシュな雰囲気を持っているので、男性にも女性にも慕われ集団の中心的存在になることが多いようです。

仕事ではオールマイティな才能を発揮して、少し聞けば教わっていないことでもあっさりと処理してしまいます。丙辰女性にとっては、出来ないことの方が不思議に感じるようです。また、新しいプロジェクトや企画が始まると、鋭い着眼点で周囲を驚かせるようなアイデアを提案することも。

そんな丙辰女性ですが、短所も無いわけではありません。気まぐれな上に好奇心の強さもあって興味があちらこちらへと移っていくでしょう。たいていのことをさらりとこなすので物事を深く掘り下げることをしないまま、飽きてしまう面を持っています。

器用貧乏なことになってしまわないように、努力することを忘れないようにしましょう。

丙辰は辛酉と相性がいい

丙辰女性ともっとも相性が良いのは、「辛酉」です。高い品格を持つ辛酉は感性に優れる丙辰とバランスが取れる存在。現実的に取り組みつつも夢を大切にする辛酉の性質は、理想を追い求める丙辰と相通じるところがあるので話題に困ることがなく会話が弾む関係になりそうです。

次いで丙辰と相性が良いのが「庚申」です。独立することで成功へと向かう庚申と、組織の中で働くことで出世していく丙辰は仕事上のパートナーとしては最高の組み合わせ。友人としても良好な関係を保ち、時に恋愛関係へと進展することもあるでしょう。

相性があまり良くないのが「甲戌」です。保守的な傾向が強い甲戌は夢やロマンよりも現実的な安定を求めています。野心的で理想に向かって行動力を発揮し突き進む丙辰とは意見を異にすることが多く、パートナーというよりもライバルとして競い合う関係になりそうです。

丙辰の恋愛は行動タイプ

丙辰女性は、センスが良く行動力もある目立つタイプ。男性からのアプローチも多い「モテる女」ですが、心根が純粋なところがあって少し騙されやすい傾向を持っています。

それが原因で男性に警戒心を持ってしまい、恋人がいない期間が長くなることもあるようです。理想が高くて妥協出来ないところがあるため、婚期を逃してしまいシングルの状態が続くかもしれません。