[四柱推命]庚辰(かのえたつ)の性格・特徴・相性・恋愛運

記事の著者:scopeadmin

四柱推命の庚辰(かのえたつ)は、刃物や金属のことを指す「庚」と、信頼や正義感のことを指す「辰」の2つが合わさって成り立っています。

では庚辰の人はどのような性格なのか、その特徴や男女によって異なる恋愛傾向などを紐解いていきましょう。

庚辰(かのえたつ)の性格と特徴について

庚辰の性格を一言で表すと、「一見おっとりしているけれど実は勝気な性格」です。

外見に関しても穏やかな印象のある人が多く、周囲からは大人しい人というイメージを持たれます。

ですが親しい仲になると怒りっぽくなったり、我が強い一面が表れ、周囲から孤立してしまう人もいます。反対に、知性があり、頼れる存在の姉御肌・姉貴肌なので人望がある人も多いです。

庚辰(かのえたつ)の長所と短所について

[庚辰の長所]
・感性豊かで鋭い洞察力を持っている
・努力家で人に影響を与えられる力がある
・家庭的で温かい家庭を築くことが出来る
・世の中の役に立つことを望むので、社会で成功しやすい

[庚辰の短所]
・性格がハッキリしているので無意識に人を傷つけてしまう
・プライドが高く妥協を嫌うのでとっつきにくい
・感情的になりやすく怒りっぽい
・才能がある分、頑固で孤立しやすい

年柱・月柱・日柱・時柱における特徴

年柱(幼年期)・・・自分のプライドを優先して育ちます。理想が高いものの、周りと協調し合うことをせず自分を貫くため、団結力に欠けています。集団で何かを成し遂げることが上手くいかないので、自分の力だけで未来を切り開こうとする傾向があります。

月柱(成人~中年期)・・・独立心が強く、集団で取り組む仕事よりも個人で行う仕事を好んで取り組みます。自分の理想のために努力をするので、その目標が高ければ高いほど結果を出し、影響力のある人間になっていきます。

日柱(生涯)・・・理想の高さ、負けず嫌いな性格が好転すれば社会で活躍しますが、平凡で変化のない道を進むと周囲から孤立したりトラブルを起こしやすくなります。豊かな感受性を活かし、広い視野で物事に取り組むことで発展していきます。

時柱(老年期)・・・自分の置かれている環境が厳しく険しい道であればあるほど成長します。個の力でチャンスを掴み成功する傾向にあります。こだわりが強く、頑固な性格が災いすると、家族や部下に横暴な態度を取ってしまいがちなので注意しましょう。

庚辰(かのえたつ)の恋愛傾向

家庭的で結婚に向いている反面、頑固でわがままな性格が災いすると、晩婚になったり離婚に向かってしまうことがあります。

庚辰の性格は男女でそれぞれ異なる特徴があり、特に恋愛において表れやすいです。それでは庚辰の恋愛傾向をご紹介していきます。

庚辰の女性の恋愛傾向

外見は物静かでおっとりしている印象の女性が多いので、異性が寄ってきやすいです。

しかし、性格は勝気で、意外と感情的になりやすい傾向にあるため、そのギャップで異性が萎縮してしまうことがあります。

恋愛面では特にその勝気な性格が目立つので、気を付けなければなりません。

庚辰の男性の恋愛傾向

好きな人、気になる人に対して横暴でわがままな態度を取ってしまうことがあり、とっつきにくいイメージを持たれやすいため、恋が実らないことも多い傾向にあります。

ただ、その裏では愛情深く恋人に対して一途な人が多く、浮気とはほぼ無縁なので結婚に向いています。

乙未・乙酉の人と相性が良い

乙未は愛嬌があり、庚辰のプライドの高さ・理想の高さを広く受け留めてくれる理解者です。

乙酉は人見知りをしないオープンで気さくな性格で、庚辰の人とは正反対なのでお互いを受け入れあって高めあう仲になれる相性の良い存在です。

[まとめ]庚辰の性格と魅力について

庚辰の人は自ら前に進もうとするストイックな性格が多いので、周囲から憧れの目を向けられたり親しまれるリーダー的存在です。

我が強くつい人に当たってしまうこともありますが、勝負ごとにはめっぽう強く人から信頼されるので、長所を伸ばすことで成功者になることのできる魅力に溢れた人と言えるでしょう。