[四柱推命]丁亥(ひのとい)の性格:特徴・相性・恋愛運を紹介!

記事の著者:scopeadmin

中国の陰陽五行説を元に生まれた四柱推命は日本独自のもので、今では世界でも広く使われる占い方法となっています。

四柱推命とは、人の一生を日干の強さと変化に照らし合わせて十二支からみるものです。

その高い的中率から、占いの王様と呼ばれています。

今回は、その四柱推命の中でも「丁亥(ひのとい)」という干支の性格・特徴・相性・恋愛運を見ていきましょう。

丁亥(ひのとい)の特徴

丁亥の人について、性格・相性・恋愛面の特徴をそれぞれ紹介します。

丁亥とは

四柱推命では生まれた年を年柱、生まれた月を月柱、生まれた日を日柱、生まれた時間を時柱というように4本の柱に見立てて人生の様々なことを占います。

その生まれた年・月・日・時を元に割り出される、60種類の干支の一つが「丁亥(ひのとい)」です。

「丁」が意味しているのは陰の火を意味し、熱量の高いイメージ。「亥」は亥年を意味し、猪突猛進という言葉の通りにまっすぐに進むイメージがあります。

丁亥の性格はおおらか


丁亥の人は細かいことは気にしない、おおらかな性格です。

どんな環境にもすぐに馴染めるという高い順応性があります。周りの人がリラックスできるような、穏やかな雰囲気を持つ人が多いでしょう。

また、誰に対しても対等に思いやりある態度で向き合えるという特徴も持ち合わせています。

細かいことを気にしない反面、仕事の面では大雑把でズボラに見られたり詰めが甘いと思われることも。また、こだわりがなさすぎて決断を迫られると迷ってしまうという一面もあるようです。

丁亥は個性的で知性がある

24番目の干支である丁亥は、個性的な人生観を持つ鋭い知性派。強い信念があるという特徴がありますが、この信念を振りかざして周囲を巻き込むのではなく、信念を内に秘めて周囲の人と協調に重きをおく繊細さを合わせ持っています。

協調を大切にするため、グループでの活動で十分な能力を発揮できなくても、個人プレーではその真価を発揮するのも特徴のひとつです。

強く自己主張をするわけではないので、第一印象からはその人が分かりずらいところがあるものの、次第にその人柄や性格の長所に気づいてもらえるようになるでしょう。

繊細さと大雑把さが同居しているので、精神的に不安定になりやすい部分もあります。

丁亥と相性がいいのは壬寅

恋愛や結婚の相手として最高の相性とされるのが「壬寅」です。

自己主張をあまりしない穏やか性質という特徴が丁亥とよく似ていて、お互いが穏やかに接することで次第に距離が縮まっていきます。気がつけばお互いがなくてはならないパートナーという存在になっていることも。

壬寅についで相性が良いとされているのが「乙未」です。

お互いが必要以上の干渉をしないので、気兼ねなく過ごせる親しい関係になれるでしょう。

丁亥と相性が良くないのは癸亥

一方で、相性があまり良くないのが「癸亥」です。

直感的で考えるより先に動いてしまう癸亥とは好悪ではなく、性格が合わないでしょう。

ほかに相性がよくないのが辛丑、庚子、庚辰など。特に、癸巳との男性と惹かれあいつつも傷つけあうという辛い関係になることもあるので、注意が必要です。

丁亥の恋愛は淡白

おおらかで細かいことを気にしない丁亥女性は、とても社交的で誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなってしまいます。そのため恋多き女性と誤解されてしまうことがありますが、実際は、恋愛に対して淡白な傾向にあるでしょう。

恋愛についても大雑把で無頓着な側面が出てしまいます。デートコースに合わないようなファッションで現れて、相手を困惑させてしまうことも。

恋人ができたとしても、「本当に僕のことを想ってくれているのかな」と不安を感じさせてしまい、男性の方から去ってしまうケースもあるようです。

さらに丁亥を知りたい方へ

これまで丁亥について紹介しましたが、もっと詳しく知りたい方におすすめなのが、電話占いヴェルニ。ヴェルニなら、豊富な検索機能から自分の知りたい内容に合わせて占い師を選ぶことができます。

本格的な占い師が400人以上在籍しているのも特徴です。

電話占いなので、忙しくてもわざわざ占い館に足を運ぶ必要もありません。

1分230円〜で体験できるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

当たる電話占いヴェルニ