人生の転機ってどんなとき?みんなの体験談も紹介!

記事の著者:scopeadmin

人生の転機とは、「人生が変わるきっかけ」のことです。

例えば、急な移住や転職、結婚など、様々な転機が挙げられます。あなたはこれまで生きてきた人生の中で、何度人生の転機を迎えたでしょうか。

人生の転機は後になってみないと分からないと言われていますが、実はいくつかの共通する前兆がありました。

もし前兆を感じ取ったら、ターニングポイントかもしれません。迷わず、勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

今回は、人生の転機の前兆について紹介します。ぜひみんなの体験談も参考にしてみてください。

人生の転機の前兆4選

人生の転機には、必ずといっていいほど人生の前兆があります。

人生の転機が来たときに、自分にとって正しい方を選ぶことができるように、しっかりと確認しておきましょう。

人生の転機には、辛いことが起こる

人生の転機が起こる前兆として、辛い出来事が起こることがあります。

大きな病気、会社の倒産、付き合っていた相手との別れなど、辛いできごとは人それぞれです。

辛いことが起きた数か月後に大きな人生の転機があり、そのおかげで物事がうまく進むようになったという方が多くいます。

できることなら辛さは体験したくないものですが、実は後に起きる大きな人生の転機に向けて、自分自身を軌道修正させるために辛いことが起きるそうです。

どれだけ寝ても眠い

体は健康であるにも関わらず、どれだけ寝ても寝足りずに眠いという経験をしたことはあるでしょうか。もしかしたら、それは人生の転機の前兆かもしれません。

私たちの魂は、寝ているときにあの世へ里帰りしていると言われています。そのため、眠っている時間が長い=あの世へ里帰りしている時間が長いということ。

年をとると長く眠ることができないという人が多いですが、もうすぐ魂が本当にあの世へ帰るため、少しでもこちらの世界にいたいという気持ちで、体が無意識にそうさせているといわれることも。

人は眠っているときに体と脳のエネルギーをチャージしています。人生の転機には多くのパワーを使うため、充電しているのかもしれません。

人生の転機には、ほとんどのことに興味がなくなる

人生の転機には、これまで夢中になって取り組んでいたことなのに、急に興味がなくなったり熱が冷めてしまうということがあります。

人生の前兆は新しい人生に向かうため、新しいものをどんどん吸収しようとします。

そうすると、これまで夢中になっていたことや好きだったものを処分しようとしてしまうそうです。

疎遠になっていた人との再会

これまでずっと連絡を取っていなかった仲の良い友人と偶然再会し、また連絡を取るようになった、ということも前兆として起こります。

懐かしい人と出会うことで、当時の自分を思い出し、再度自分について考えるため、自分自身の確認作業と呼ばれることも。

今後あなたがどのような人生を歩んでいくのか、という道筋を改めて確認することにも繋がるでしょう。

人生の転機について、みんなの体験談

どのような人生の転機を迎えたのか、ここではみんなの体験談について紹介していきます。

旅行先で偶然知り合った人の会社にヘッドハンティングされ、一か八かで入社したこと。海外の会社だったので、猛勉強して英語が話せるようになり、あの出会いには今でも感謝していること(女性/48歳)
独立起業したことにより自由な時間ができたり、いろんな人と出会いサラリーマン時代にはない貴重な体験をすることが多くなった。 人のつながりを作れるようになったことや、従業員の大切さなど成長できたと思うこと(男性/44歳)
目指していた職業のスクールを通して、同じ志の人たちと出会えた。大人になってからの友人だったので非常にうれしかった。バックボーンや人柄など、全員が自分よりも上だと思えた人たちだったので勉強になったこと(女性/46歳)

以上のように、新しいことに挑戦していたり、偶然に起こった人との出会いが、人生の転機となった方が多いようです。

あなたにも人生の転機は必ずやってきます。前兆を感じたら、そのチャンスを逃さないようにしましょう。現状を変えないのではなく、変わる勇気を持っていれば、きっとうまくいくはずです。