前厄のお祓いはするべき?厄年との違いとは

記事の著者:scopeadmin

厄年の知名度は高いですが、前厄は知らないという人も多いのではないでしょうか。前厄と厄年の違いやお祓いの時期、料金など多くの疑問があることでしょう。

前厄は、厄年の前の年を指します。厄年の後の年は、後厄と呼ばれています。この2つの事についての捉え方は、人によって様々です。

この記事では、前厄にお祓いは必要なのかを中心に、前厄について詳しくご紹介します。

前厄とは厄年の前の1年間のこと

前厄とは、厄年(本厄とも呼ばれています)の前の1年間を指しています。男性の場合は24歳・41歳・60歳、女性の場合は18歳・32歳・36歳が、前厄です。厄年と同じく年齢の数え方は、数え年であることがポイントです。

前厄の内容の定義は曖昧です。前厄は厄年と同じく、困難に見舞われる・わざわいが起きる年、と考える人もいます。そのため、厄払いや厄除け、厄落としなどのお祓いを受けるべきだという意見もあります。

一般的に広まっているのは困難に見舞われる・わざわいが起きる年は厄年で、前厄は気にする必要がないという考え方です。

不安な場合はお祓いをしよう

困難に見舞われる・わざわいが起きる年は厄年で、前厄は気にする必要がないという考え方が広まっていても、何か悪いことが起きるのではと不安な気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

そんな人には、厄払いや厄除け、厄落としなどのお祓いを受けることをおすすめします。神社やお寺に行く時間がない場合や、抵抗がある場合は、厄除け効果のあるお守りや、パワーストーンなどを身に着けると良いでしょう。

お守りやパワーストーンはインターネットで買うこともできるので、忙しい方にもおすすめです。

また、食べ物でも小豆は邪気を払う食べ物、厄除けに効くと言われているので積極的に食事に取り入れるのも良いでしょう。

おすすめのお祓い方法

前厄は厄年とは違い、わざわいが起きると定義されていませんが、心配になる人はいるでしょう。

そんな人には、厄除けがおすすめです。厄払いや厄落としが、すでに自分の身に降りかかっている悪いモノを払う、落とすという意味合いがあるのに対し、厄除けには厄を避けるという予防の意味合いがあります。

厄除けでわざわいを避けましょう。厄除けは、主にお寺で行われています。

いつまでに行けば良いという決まりはない

前厄のお祓いには、いつまでに行けばいいなど期限に関する決まりはありません。

しかし、前厄が終わる12月や厄年が終わる時期にお祓いを受けることと、前厄が始まった1月にお祓いを受けることでは、後者にメリットがあります。

節分までに行った方がいいという説もありますが、あまり気にする必要はありません。しかし、年の終わりに行くよりも初めに行った方が、気持ち的に安心できるでしょう。

本来行かなくては必ず厄が降り注ぐというわけでもないので、もし行けなかったとしても気にする必要はありません。

しかし気になってしまってそれがストレスを生んでしまうようでしたら、前厄が始まったばかりの時期に行くと良いでしょう。

お祓いにかかる料金は?

お祓いにかかる金額は、神社やお寺によって差があります。3,000円~数十万円のものまで、かなり幅が広いです。

大きなお寺や神社だと金額が決まっている場合が多いですが、地域の神社やお寺などでは、「お気持ちお願いします」と言われることもあるので注意が必要です。

多くの神社やお寺が公式のホームページを開設しています。お祓いにかかる金額も、そこに明記されていることが多いです。

お祓いを受ける前に、ホームページなどで確認することをおすすめします。もし明記されていない場合は、相場の5,000円ほどのし袋に入れて、持っていくと良いでしょう。

忙しくてお祓いに行けない方へ

忙しくてお祓いに行けないという方や、お祓いに行くほどじゃないけど少し心配という方は、電話占いココナラで家で手軽に厄払いをしてみてはいかがでしょうか。

表示されるページの左下にカテゴリーの一覧があるので、その中から開運・厄払いをクリックすると占い師一覧が表示されます。

口コミや得意とする厄払い方法などをみて自分に合った占い師を探しましょう。値段は1分100円〜なので、手軽です!

厄年だということを事前に伝えておくと、厄払いと良い1年を過ごすアドバイスや祈願祈祷もお願いすることができます。

家で手軽にできるので、ぜひチェックしてみてください!

電話占いココナラをチェックする
  • 厄除けにおすすめのお守り7選:有名なお守りから効果のあるものまで
  • 厄払いにかかるお金、知っておきたいのし袋の使い方をご紹介!1