厄年のお祓いはいつ行けばいい?厄年の様々な疑問を解決

記事の著者:scopeadmin

25歳、42歳、61歳の男性、19歳、33歳、37歳の女性に共通していることがあります。

それは、厄年だということです。「厄年のお祓いって具体的に何をするんだろう?」そんな疑問を持つ人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、厄年のお祓いですること・行くべき時期・注意点などについて詳しく説明していきます。

厄年とは災難に見舞われやすい年のこと

多くの方がご存知だと思いますが、厄年とは一体何なのかおさらいしてみましょう。厄年とは、災難や困難に見舞われやすい年のことを指します。

そんな年があるなんて、縁起が悪いですし、避けたいと思う人がほとんどでしょう。

男性の場合は25歳、42歳、61歳で、女性の場合は19歳、33歳、37歳が厄年になります。「私、厄年だ」と気づいた人は、お祓いをしてもらうと良いでしょう。

お祓いする場所は神社やお寺

厄年の人はお祓いに行った方が良いとは、よく言いますが一体どこに行けばいいのでしょうか。答えは、神社やお寺です。関東では、佐野厄除け大師などが有名です。

有名なところに行く必要はありませんが、場所によっては厄払いを行っていないところもあるので、公式のホームページなどで確認してみると良いでしょう。

お祓いをしてもらう際に必要なものは、お金です。場所によって値段が異なるので、こちらも事前に確認しておくことが大切になります。

お祓いに行くときの注意点は服装

神社やお寺で厄年のお祓いをしてもらう際には、服装に注意してください。神社やお寺は、フォーマルな場所ですから、服装もフォーマルなものにしましょう。

敷居がそれほど高くない場所ならば、ラフな格好でも問題ありません。しかし、神や仏の前ですから最低限のマナーは心得ておきましょう。

お子さんと一緒に行く場合は、うるさくならないように注意が必要です。子供なので難しい場合もありますが、混んでいる時期はかなり人がいるので注意しましょう。

お祓いでは最後にお酒を飲むことも

「お祓いって一体何をするんだろう?」と疑問を抱いた人もいるでしょう。特に若い方だと、見たこと・経験したことがない人が多いです。

厄払いは、まず神社やお寺の本堂・本殿に行きます。そこで神主が、神に祈りを捧げます。この時、神主以外は座っていることが少なくありません。場所にもよりますが最後にお酒を飲み、お祓いは終わりです。

女性の場合は、厄年が数え年で19歳なので、お酒は飲まなかったり口を付けたりするだけの場合があります。

お祓いに行くべき時期は決まっていない!

厄年のお祓いは、いつ行っても問題ありません。しかし、初詣の時にお祓いをしてもらう人が、かなり多い傾向にあります。

これには理由があり、「厄年のお祓いは、節分の日より前に行った方が良い」という言い伝えがある地域が多いからです。厄年が終わる12月に行っても意味がない、と考えている人は多いです。

もう一つの理由としては、「神社に行くことが面倒くさいから」というものが挙げられます。そのため、初詣の時に厄払いを済ませてしまう人が多いです。

忙しくて厄年のお祓いにいけない方

行く時期を逃してしまった、行きたいけど行く暇がないという方には、電話占いココナラで厄除け、祈願祈祷をするのがおすすめです!

上記のページに飛んで少し下に下がると、占いのカテゴリー一覧を見ることができます!そこの厄除けをクリックすると厄除けができる占い師の一覧が出くるので、自分にあった占い師をえらびましょう!

自宅で厄除けができるので、時間がない方でも手軽に厄払いをすることができます!ぜひチェックしてみてください。

電話占いココナラをチェックする