2018年厄年の男性とは?数え方と年齢を紹介!

記事の著者:scopeadmin

誰もが一度は聞いたことがある厄年。しかし「厄年って何?」と聞かれた場合、答えることができない男性は多くいるのではないでしょうか。

よく聞く言葉ですが、厄年とは一体何なのでしょうか。「もしかして自分って厄年かも?」「厄年が気になるけど、計算の仕方が分からない…」そう思っている男性に向けて、厄年の数え方も詳しくご紹介します。

この記事では、厄年とは一体何なのか?厄年の数え方や2018年厄年の男性の年齢を、分かりやすくご紹介します。

厄年とは?

厄年は、本厄・大厄とも呼ばれています。一般的には「厄年」と呼ばれることが多いです。厄年の前の年を「前厄」、厄年の後の年を「後厄」と呼びます。

前厄、厄年(本厄・大厄)、後厄の3年間は、人生の中でも困難が訪れたり災難にあったりしやすい年だとされています。

宗教の教えのような存在なので、科学的に困難が訪れたり災難にあったりしやすい年があることは証明されておらず、信じている男性は少ないかもしれませんが、日本では信じている人が多くいます。

困難が訪れたり災難にあったりしやすいこの3年間は、厄年である男性本人だけではなく、その家族にも多少なりとも影響を及ぼします。科学的には証明されていませんが、このような年があるなら回避したいものです。

厄年の数え方

多くの人が気になるのは、厄年の数え方でしょう。厄年を数えるポイントは、「数え年」で計算することです。数え年とは、生まれた時点でその人を0歳ではなく、1歳とする昔ながらの数え方です。

数え年には、注意点があります。誕生日を軸に年を数えるのではなく、1月1日を軸に年を数えるという点です。つまり12月に産まれた赤ちゃんは12月には1歳で、1か月後の1月には2歳という計算になります。

厄年の数え方は、この方法で行っている神社・寺が多いです。ですが、別の数え方をする神社・寺も存在しています。迷った時は、少し複雑でわかりにくいですが「数え年」の方法で厄年を数えると良いでしょう。

2018年厄年の男性は何歳?

2018年、厄年の男性は「1994年(平成6年)生まれ・25歳」の男性と、「1977年(昭和52年)生まれ・42歳」の男性、「1958年(昭和33年)生まれ・61歳」の男性の3人です。

25歳、42歳、61歳と言えば、仕事について考えることが多い時期です。

仕事は自分や家族の生活を成り立たせるうえで必要不可欠な存在ですから、多くの人が働いていることでしょう。しかし自分に合っていない仕事は、自身の精神的な健康を悪くする可能性も十分にあります。

もしも今転職・就活を考えているならば、一人で抱え込まずに周りの人に相談してみましょう。

厄払いには行くべき?

厄払いには、必ずしも行く必要はありません。

厄年というのは宗教的な考えのものですので、気にならないという方は厄払いをする必要はありません。

しかし、男性の厄年は社会的に大事な時期が重なっているので、厄年に就活がある、昇進がある、転職しようと考えているなどの心配事がある人や厄年が少しでも気になるという方はお祓いをしてもらった方が気が楽になります。

厄払いは全国の神社で行われています。一般的に厄払いは、節分の日までに行うと良いとされているので、節分の日までに行いましょう。

他にも、自分の大切なものを捨てて最初に自分から厄を作ってそれ以上悪いことが起きないようにする方法や厄除けのアイテムを身につけるなどの厄落としの方法もあります。

これらは自宅で簡単にできる方法なので、時間のない方は自分に合った方法を選んで実践してみてください。

厄払いに行く時間がない方へ

しかし、社会人だから厄払いに行く時間がない!でも、大切なものを捨てる方法は嫌だという人には、スマホで厄払いができるココナラがおすすめです。

リンクをクリックすると、左下の方にカテゴリーが表示されています。その中から開運、厄払いの項目を選ぶと占い師一覧を見ることができます。そこから自分に合った人を選びましょう。

家で手軽に本格的な厄払いができるので、興味のある方はチェックしてみてください!

電話占いココナラをチェックする