薬指の下にある手相の見方:太陽線は縦に長いと良い!

記事の著者:scopeadmin

手相占いはメディアでもよく取り上げられていて大変人気がありますが、薬指の下の線を知っていますか?この薬指の下に出る縦線は太陽線と呼ばれています。

今回は、薬指にある手相の見方について紹介していきます。なかなか見ることができない太陽線が、一体どのような手相なのか確認していきましょう。

自分の手相に太陽線があるか確認しながらチェックしてみてください。

薬指の下にあるのは太陽丘

私たちの指には、それぞれふくらみがあります。薬指の下にあるふくらみは太陽丘と呼ばれています。

太陽は太陽系の王者です。太陽には、圧倒的なパワーが宿っていると言われており、そんな圧倒的なパワーを持つ太陽は占いの世界でも、特別な存在となっています。

太陽丘にある縦線は太陽線

太陽丘にある線のことを、太陽線と呼びます。太陽線は薬指の下にある縦線のことをいい、濃く1本線で出ていれば全体運が好調であるということになります。

出発点がどこからであっても、薬指に向かって伸びているのであれば、それは太陽線なのです。

中でも、月丘から薬指に伸びている太陽線が良いと言われています。月丘は小指側の手首の上にあるふくらみのことです。月丘から伸びている太陽線は、他人から応援される縁があるということを意味しています。

人気アイドルや人気芸能人に、月丘から伸びている太陽線があることが多いそうです。そのため、月丘から伸びている太陽線を持っているのであれば、他人から応援されるような仕事をすると、華開く可能性が高いでしょう。

太陽線は長ければ長いほどいい?

太陽線は長ければ長いほど、幸運がやってくると言われています。そして薄いものよりも濃いものの方が良いのです。

しかし、太陽線は珍しい手相です。持っている人の方が少ないので、例え太陽線が短かいとしても、太陽線があるだけで充分良い手相といえます。

太陽線のパターン

太陽線だけでも、充分に幸運ではありますが、掛け合わせるとさらに幸運になる手相があります。

また、悪い意味になってしまう場合もあるので、よく確認してみてください。

フィッシュ

手相には、フィッシュというものがあります。まるで一筆書きしたような魚の形をした手相のことです。フィッシュは幸運を告げる魚のことで、フィッシュがあると幸運をもたらしてくれると言われています。

このフィッシュが、太陽線にくっつくようにあれば最高です。成功や人気をつかむことができ、何をしてもうまくいく最高の手相になります。

太陽線だけでも珍しい手相ですが、そこにさらにフィッシュまでついてくるとなると、覇王線やソロモンの環レベルに珍しい幸運の手相となるのです。

スター(星印)

フィッシュ以外にも、薬指の下に星印が入ることもあります。このスターは、手相のどこにあっても幸運をもたらしてくれる幸運の手相です。

そんな星印が太陽線に入るということは、かなり強運な持ち主であるということがいえるでしょう。もちろんめったに見ることができない珍しい手相です。

この場合、他者への思いやりが強く、周りからのサポートにも恵まれることが多いようです。

クロス(十字)

スターによく似ていますが、薬指の下ににバツ印のような十字マークが現れる場合があります。スターは太陽線に4本の線がかけ合わさったものですが、クロスは3本がかけ合わさったものです。

この手相を持つ人は、ある程度年を取ってから幸せな人生を送れるといいます。

一方で、金銭面でのトラブルが起きたり、大きな出費に見舞われる可能性があります。しかしこのトラブルも短期間で解消するようです。