人差し指(木星丘)の7つの重要な手相:縦線・横線・四角の意味って?

記事の著者:scopeadmin

あなたは手相に興味がありますか?手相はとくに人差し指に多く線が集中していると言われています。

そこで今回は、人差し指にある手相について詳しく見ていきます。どこに、どのようにある手相なのか、またその手相の意味を紹介します。ぜひ今回紹介する人差し指の手相をチェックしてみてください。

人差し指の下の手相

人差し指の下には、最も多くの線が密集しています。そのため、よく線を見極める必要があります。たくさん線があり見間違えるケースが多いので、注意が必要です。

人差し指の手相は木星丘に注目

手のひらには8つの丘があり、人差し指の下にある丘は木星丘と呼ばれています。

木星丘は西洋占星術においてラッキーな場所と言われています。そのため、木星丘がある人差し指に最も多くの線が密集しているのです。

それでは人差し指の付け根の木星丘の手相について詳しく見ていきましょう。

木星丘の手相について解説

人差し指の付け根の木星丘の手相について見ていきましょう。

1.社交線

人差し指と中指の間の線は社交線と呼ばれています。この線を持つ人は、自己主張が得意でタレント性の高い人と言われています。長い人だと中指を通り越して薬指までいく人も。

協調性があり、人付き合いが得意な人がいる一方で、マイペースに物事を進めていく人もいるようです。この手相を活かしてクリエイティブなことにチャレンジしたり、夢に向かって進んでいく心意気が吉とでるでしょう。

2.人差し指の十字(バツ・クロス)

人差し指の下にバツ・クロスがある場合があります。バツ・クロスの十字線は場所によっては不運な手相になりますが、人差し指の付け根の木星丘にあれば頑張り続ければ願い事が叶うラッキーな手相と言われています。

物事をポジティブに考えられる人が多く、諦めずに行動できるため願いが叶うようです。幸せになれるとも言われているので、これからの人生に期待してもよさそうです。

3.引き立て線

引き立て線は人差し指の下にぴっと入る小さな線です。小指の方面へ伸びていく線で、親指側に向かって伸びている場合は引き立て線にはなりません。

引き立て線を持っている人は周りの人に恵まれると言われています。引き立て線は人気線とも呼ばれており、周囲から注目され人気者になります。この線を持つ人の周りには、自然と人が集まってくるそうです。

引き立て線は仕事でも相性のいいパートナーに巡り会いやすく恋愛面でも素敵なお相手を見つけやすいので、総合運の上昇が期待できる手相です。

4.希望線

希望線は引き立て線と似ているので間違える人が多いようです。希望線は生命線から人差し指へと伸びていきます。2〜3本の希望線がある人も中にはいるようです。

そのため人差し指の下にある縦線は、生命線から伸びているかどうかで判断してください。生命線をスタート地点としていればそれは希望線です。

希望線を持っている人にはリーダーシップを持っている人が多く、上の役職に就く可能性が高いと言われています。出世運が強いので、仕事では積極的に手を挙げて業務をこなせば幸運がやってくるでしょう。

5.マネジメント線

マネジメント線は人差し指の下にある横線です。正確には斜めにぴっと入っています。人差し指の下に横線が入るとラッキーな意味である場合が多いですが、マネジメント線も珍しく運のいい手相と言えるでしょう。

マネジメント線のある人は、誰かを輝かさせることができる人です。裏方に回って人を上手に動かすことができる人とも言えるでしょう。マネジメント線を持つ人は、芸能人のマネージャーや社長秘書などが向いているかもしれません。

上に立つよりかは支える立場が向いている人に多い手相なので、適職を見つければ力を発揮しやすく周りからも評価されるでしょう。

6.ソロモンの環

ソロモンの環は人差し指の付け根のところに輪ゴムを引っかけたような円形の線です。木星丘のエネルギーを最も受けている手相となっています。

ソロモンの環がある人は、人の上に立つリーダーシップを持っています。ただのリーダーシップではなく、天下を統一し一時代を築くような人も多いです。

ソロモンの環は、ダウンタウンの松本人志さん、野球界の王貞治さんなどが持っている手相です。また、一流企業の社長の手相を見ると、ソロモンの環を持っている人が多いかもしれません。しかし、持っている人の少ない珍しい線です。

7.聖職(シャープ)紋

人差し指の下に斜めにぴっと入ったマネジメント線にプラスし、引き立て線または希望線が重なって縦と横の線がつながり四角形ができた手相を聖職(シャープ)紋と言います。(井やシャープ)の形のようになっている線のことです。

木星丘の聖職(シャープ)紋もなかなか見ることができない貴重な線だそうです。これは、教えることが天職で、先生に向いている手相と言われています。この手相がある人は、人に何かを教えるような職業に就くと良いでしょう。